2018年8月28日に発生した台風21号が関西を直撃し、比較的新しい家でも風向きによって「瓦が落ちた」「ベランダの波板が飛んだ」「カーポートの屋根が割れた」「外壁が落ちた」など、甚大な被害をもたらしました。

台風が起きた直後はリフォーム会社に問い合わせが殺到し、関西からブルーシートや波板が無くなるほどでした。

台風が発生し、約1年経った現在でもブルーシートを被せた家が目立ちます。

実費で台風被害を直された方も多いかと思いますが、台風被害があって初めて入っていてよかったと思うのが「火災保険」ですよね。

「エッ?火災保険は火事だけじゃないの!?」と思われるかもしれませんが、実は火災保険は幅広い被害に対応しています。ここでは火災保険を利用した台風被害の修理について説明していきます。

あなたのお悩み
  1. 台風の被害があるけど、申請の方法がわからない
  2. 私の保険契約内容でも申請ができるの?
  3. 申請の流れは?

火災保険は台風被害でも保険金申請可能

「火災保険」と聞けば火災の保険と誰もが思いますよね。なんとも紛らわしい名前です。実は火災保険は火事だけではなく、「台風被害」「突風」「落雷」「水害」「水漏れ」「破損」等、様々な場面であなたがご加入中の火災保険が適用されるのです。

「地震」や「水害」などは加入している保険のタイプによって適用されるかされないかに分かれますが、台風被害は通常加入している火災保険で保険金が支払われるのです。

ここがポイント

  • 台風被害修理工事はあなたが加入している火災保険でも保険金申請ができる

まずは火災保険会社への被害申請を

 まずはあなたが直接加入している火災保険会社に「台風被害があるので保険金の申請がしたいので書類を送ってください」という旨を伝えてください。すると1週間ほどで火災保険会社から請求書が送られてきます。

 また、家の下から見ただけでは台風被害の状況が分からないこともあります。屋根の上などはハシゴが無いと確認できませんもんね。

 そのような場合は一度リフォーム会社などに見てもらってから台風被害があれば火災保険会社に連絡するようにしてください。

ここがポイント

  • 火災保険会社への申請方法が分からない場合は、とりあえずリフォーム会社などに相談するようにしてください。
  • 屋根の上の台風被害は確認できないので、リフォーム会社などに依頼するようにしてください。

見積もりと報告書を併せて火災保険会社に申請

 火災保険会社から送られてきた請求書だけでは台風被害の修理費用を申請することができません。台風被害があるという報告書と、台風被害箇所を直すといくらかかるかの見積もりをリフォーム会社などで作成してもらう必要があります。

 リフォーム会社の見積もりと報告書、そして請求書がそろえば火災保険会社に申請をすることができます。

申請をすると火災保険会社からヒアリング調査が行われます。「いつ被害にあったのか」など簡単な質問を聞かれますので、正直にありのまま答えるようにしてください。

調査を行ったリフォーム会社などにもヒアリングが行われ、正当性があると判断されたら、台風被害があった箇所の修理費用に対して保険金が下ります。

ここがポイント

  • 火災保険の申請に慣れているリフォーム会社などを選びましょう。

火災保険の保険金はいつ下りるの?

 申請が無事通ったら保険金を受け取ることができますが、その保険金は申請してから約1か月ほど先になります。

 このことから注意してほしいポイントとして、「見切り工事」が挙げられます。

 保険金が下りることが確定していない状態で台風被害修理工事の契約を行った挙句、修繕工事が終わってから保険金が下りないことが判明…そんな悲惨なことにならないようにだけ注意してください。

 また、火災保険を利用した台風被害修理工事、実質自己負担0円であっても必ず工事契約を交わしてください。しかも火災保険会社からの保険金が下りることが確定してからです。

そこだけは泣き寝入りしないためにご注意してくださいね。

ここがポイント

  • 見切り発車工事は禁物!
  • 必ず保険金が下りることが確定してから台風被害修理工事の契約を結ぶこと!

まとめ
  1. 火災保険は火事だけではなく、台風被害でも保険金を申請することができる
  2. 火災保険の申請はあなた一人ではできないので、リフォーム会社などに依頼するようにしてください
  3. 保険金が下りるだろうという「見切り工事」は禁物。必ず保険金が下りると確定してから、契約を交わしてから台風被害修理工事を行うこと!

台風被害調査は“泣き寝入り防止”の安信計画(株)が安心

 火災保険を利用した台風被害修理工事にも悪徳じみた会社が沢山います。「保険金が下りるから契約しやすい」、「実質0円をだから文句は言われないだろう」と勘違いしている専門外の業者が沢山参入しています。

 保険金が下りて実質0円で屋根を補修したとても、返って雨漏りの原因を作ってしまっては本末転倒です。

 台風被害調査は得体の知らない「大工と名乗る男」などに依頼しないでくださいね。しかりとホームページがあり、会社も実在していて、リフォームの知識が豊富な会社を選ぶようにしてください

 “台風被害箇所だけ”を直すのであれば誰でもできますが、台風被害箇所だけではなく“台風被害箇所に付随する箇所”も考えなが提案・修繕しないと、後に別の被害が起きる可能性があります。

当社なら火災保険を利用した台風被害修繕工事も、あなたが損・失敗・泣き寝入りしないようにしっかりとサポートいたします。

「調査会社がなんだか怪しい…」と感じたら、今すぐにご連絡ください。

>>安信計画に今すぐ連絡をして相談する<<

>>あなたに泣き寝入りさせない安信計画の特徴を見る<<