大阪市で排水管、給水間、給湯管を引き替える際に補助金がでることはご存知でしょうか。

 その補助金とは「長期優良住宅化リフォーム推進事業」です。

 勿論条件はありますので、対象者、条件、注意点などを説明していきます。

長期優良住宅化リフォーム推進事業で
パイプ引替

対象者・条件

●対象:戸建て、または共同住宅 (木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造)

●条件:耐震性・劣化対策の基準がリフォーム後に適合すること。

補助金額

●排水管工事●

・全設備機器から最終桝まで排水パイプを引き替える工事:43,000円

●給水・給湯管工事●

・メーターから各設備まで給水・給湯パイプを引き替える工事:40,000円

メーターから各設備まで「さや管ヘッダー方式」で給水・給湯パイプを引き替える工事:73,000円

注意点

 排水管を各衛生設備・雨樋から最終桝まで引き替える工事は滅多にしないことです。唯一そのような工事をするきっかけは「浄化槽から公共下水道へ切り替える工事」「排水桝・会所・パイプが割れていて(隙間が空いていて)排水が漏れている」場合です。

 浄化槽切り替え工事の場合であっても浄化槽回りの排水パイプのみ引き替えるだけでもいいのですが、排水桝・会所がコンクリート製で割れていたり、排水管が漏れている場合は、全ての排水パイプを引き替えることをおススメします。

 給水パイプや給湯パイプも古いものであればよく水漏れを起こします。マンションでは一般的に給水、給湯パイプを引き替えることが困難なので、キッチンなどの住宅設備を全て取り替える、そして床も全て張り替えるなどの家全体をリフォームする際に同時に行うことをおススメします