大阪市の戸建て住宅でタイル張りの浴室からユニットバスに取り替える際に利用できる補助金として「介護保険の住宅改修制度」「高齢者住宅改修費給付事業」「長期優良住宅化リフォーム推進事業」、ユニットバス取替でも利用できる補助金として「次世代住宅ポイント制度」があります

それぞれの対象者、条件、注意点などを説明していきます。

介護保険制度の住宅改修でユニットバス設置

対象者・条件

●介護保険の要介護認定(要支援1,2 要介護1~5)を受けている方

●条件:浴室出入り口の段差が大きく、動作に危険が伴う場合、また浴槽の跨ぎ越し高さが高く、現状のままでは住宅の構造上、物理的に段差を解消できない場合。

補助金額

補助基準金額20万円を上限とし、自己負担割合によって7割~9割が補助されます。

注意点

「ユニットバスにしたいから」というだけでは補助金を使うことができません。出入り口の段差や跨ぎ越し高さの障がいが現状のままでは物理的に取り除くことが難しい場合、そしてそのままだと転倒する恐れがあると判断された場合に補助金がでます

また、ユニットバス取替工事全てが対象ではなく、浴槽のみの金額に対して補助されたり、出入り口の折れ戸の費用だけ補助対象となることもあります。

そのような費用の按分(振り分け)が難しく、申請が通らない事もあります。

高齢者住宅改修費給付事業でユニットバス設置

対象者・条件

●対象者:介護保険料段階が第1~6段階で、要介護認定(要支援、要介護)を受けている高齢者のいる世帯

補助金額

介護保険料段階により、補助金の基準額は「30万円」、「5万円」の2種類があり、さらに「1割自己負担」、「自己負担無し」に分かれます。

(抜粋:大阪市高齢者住宅改修費給付事業申請のしおり、大阪市HPより)

注意点

介護保険制度の住宅改修と同様、現状のままでは物理的に障がいを取り除けない、そのままにしておくと危険が伴う場合に限って、補助金を利用してタイル張りの浴室からユニットバスに取り替えることができます。

高齢者住宅改修費給付事業の住宅改修ではユニットバス本体も補助金対象です(補助金は介護保険と按分)。その他に給排水工事や設置工事、処分費なども補助金がおります。

次世代住宅ポイントでユニットバス設置

対象者・条件

●対象者:戸建て、マンション問わず自ら居住する住宅

●条件:「開口部の断熱改修」「外壁、屋根、天井又は床の断熱改修」「エコ住宅設備の設置(3種類以上)」のいずれか1つの工事を行う必要があります。それらの工事に併せてユニットバスを設置する場合にポイントが発行されます。

補助金額

ユニットバスからユニットバスに取り替える際、

●節湯水栓(対応していれば):4,000ポイント

●高断熱浴槽:24,000ポイント

●手すりを取り付けた場合:5,000ポイント

が付与されます。

タイル張りの浴槽からユニットバスに取り替えた場合は更に

●段差解消(出入り口):6,000ポイント

●廊下幅等の拡張(出入り口):28,000ポイント ※広くなる場合のみ

が追加で付与されます。

 全てのポイントを合わせると67,000ポイントとなり、とてもお得にユニットバルを設置することができます。

長期優良住宅化リフォーム推進事業で
ユニットバス設置

対象者・条件

戸建て、または共同住宅 (木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造)

補助金額

ユニットバスからユニットバスに取り替える場合は補助対象外。

戸建て住宅のタイル張りの浴室からユニットバスに取り替える場合、劣化対策として8万円の補助金が下ります。

注意点

 ユニットバスを設置して補助金をもらうためには、住宅の耐震性や劣化対策などの基準をクリアする必要があります。また、一度補助金を使うと再度申請することはできませんので、計画的に補助金を利用することをおススメします。


まとめ

  • 高齢者がいる世帯は介護保険の住宅改修制度だけでは費用を賄えないので、高齢福祉の住宅改造補助金も併せて利用することがおススメ。
  • 在来のタイル張りの浴室から新規でユニットバスを取り付ける場合は長期優良住宅化リフォーム推進事業が使える
  • ユニットバスを取替えるなら次世代住宅ポイントが使える
  • 工事範囲、契約書を分けることで補助金の併用は可能