大阪市でトイレ取替をする際に利用できる補助金として「次世代住宅ポイント制度(補助金ではなく、ポイントとして還元」「長期優良住宅化リフォーム推進事業」があります

 トイレを取り替えてポイントを貰うための条件、注意点などを説明していきます。

次世代住宅ポイントでトイレ取替

対象者・条件

●対象者:戸建て、マンション問わず自ら居住する住宅

●条件:「開口部の断熱改修」「外壁、屋根、天井又は床の断熱改修」「エコ住宅設備の設置(3種類以上)」のいずれか1つの工事を行う必要があります。それらの工事に併せて節水型トイレを取り付けた場合ポイントが発行されます。

補助金額

節水型トイレに取り替えた場合、16,000ポイントが発行されます。

注意点

過去に同じ補助金を使用している場合は利用することができません。それ故に、最小限度の工事を行って最小限度のポイントを獲得するということは少々勿体ないかと思われます。(例えば「内窓設置」と「トイレ取替」のみ等)

トイレ取替のみではなく、ユニットバス交換やバリアフリー改修なども同時に行うことをおススメします。

長期優良住宅化リフォーム補助金でトイレ取替

対象者・条件

戸建て住宅、または共同住宅 (木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造)

補助金額

節水型トイレを取り付けた場合、29,000円(87,000円の1/3)補助されます。

注意点

トイレ取替を行うだけでは長期優良住宅化リフォームの補助金は利用することができません。長期優良住宅化リフォーム推進事業の補助金は耐震性や劣化対策などの基準をクリアしていないと補助されませんのでご注意ください。

その他長期優良住宅化リフォーム推進事業の補助金条件はこちら

トイレ取替工事費用の目安

一般的なトイレ取替費用の目安としては、施工条件にもよりますが

便器・タンク:4万円~6万円程度

温水便座:4万円~12万円程度(普通便座は8千円程)

トイレ取替工事費:2万円~3万円程度

となります。


まとめ

  • トイレ取替工事を行う場合、「次世代住宅ポイント」「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の補助金が利用できる。
  • 次世代住宅ポイントでは16000ポイント、長期優良住宅課リフォームでは29000円の補助金を受け取ることができる。
  • 「次世代住宅ポイント」「長期優良住宅化リフォーム推進事業」ともに条件があり、耐震性や断熱性などの条件をクリアしないといけない。
  • いずれもトイレを取替えるためだけに利用するような補助金ではない。