大阪市で出入り口の敷居を撤去し、段差を無くす工事を行う場合、補助金を受け取ることができます。利用できる補助金として「介護保険の住宅改修制度」「高齢者住宅改修費給付事業」「重度心身障がい者(児)住宅改修費給付事業」「次世代住宅ポイント制度」「長期優良住宅化リフォーム推進事業」があります

それぞれの対象者、条件、注意点などを説明していきます。

介護保険制度の住宅改修で敷居撤去

対象者・条件

●介護保険の要介護認定(要支援1,2 要介護1~5)を受けている方

●条件;出入り口などの敷居が高く、つまづいて転倒する危険性があると判断された場合、補助金がおります。

補助金額

補助基準金額20万円を上限とし、自己負担割合によって7割~9割が補助されます。

注意点

「敷居を撤去するだけ」といってもドア枠とドアを補修する必要があります。

敷居を撤去する場合、敷居を撤去した分ドア枠の下が隙間があいたり、ドアの高さが寸足らずになりますので、枠の補修やドアの下の補修をどのようにするのかを事前に確認するようにしてください。

敷居を撤去した後は、再度薄い敷居を埋めるか、リフォーム用のプレートを被せるか、どちらの方法でも可能です。

高齢者住宅改修費給付事業で敷居撤去

 高齢者住宅改修費給付事業も介護保険制度の住宅改修と併用することで補助金を利用することができます。補助対象工事などは介護保険制度と同様で、介護保険では補えない部分を高齢者住宅改修費給付事業が補ってくれます。

条件や対象者などの詳細はこちら

大阪市重度心身障がい者(児)
住宅改修費給付事業で敷居撤去

対象者・条件

●対象者:身体障がい者手帳の交付を受けている者、世帯

●条件:下肢・体幹機能障がい者

補助金額

障がいの程度によって異なりますので、下記表を参照ください。

(抜粋:大阪市重度心身障がい者(児)住宅改修費給付事業実施要綱別紙、大阪市HPより)

次世代住宅ポイントで敷居撤去

対象者・条件

●対象者:戸建て、マンション問わず自ら居住する住宅

●条件:「開口部の断熱改修」「外壁、屋根、天井又は床の断熱改修」「エコ住宅設備の設置(3種類以上)」のいずれか1つの工事を行う必要があります。それらの工事に併せて敷居を撤去した場合にポイントが発行されます。

補助金額

敷居等を撤去し、段差解消を行った場合、1戸あたり6,000ポイントが発行されます。

注意点

発行ポイントは1カ所あたりではなく、1戸当たり5000ポイント発行されますので、数カ所敷居を撤去したとしてもポイントは加算されません。

また、介護保険制度などの他の補助金と併用することができます(工事範囲の重複は不可)