大阪市で階段に滑り止めを取り付ける工事をする際、介護保険の住宅改修制度の補助金が利用できます。高齢者住宅改修費給付事業も併用することができますが、階段滑り止め工事で併用することは少ないので内容は割愛いたします。
介護保険制度で階段の滑り止め工事の対象者、条件、注意点などを説明していきます。

介護保険制度の住宅改修で階段滑り止め工事

対象者・条件

●介護保険の要介護認定(要支援1,2 要介護1~5)を受けている方

●条件:既存の階段が滑りやすく、転倒・転落の危険性があると判断された場合

補助金額

補助基準金額20万円を上限とし、自己負担割合によって7割~9割が補助されます。

注意点

 階段の段鼻(踏面の先端)に滑り止めを取り付ける工事や、踏面に滑りにくいシートを張る工事に対して補助金がでます。

 こちらはご家族の方であっても簡単に取り付けることができるため、一般的には工事業者に頼まず、ご自身やご家族の方が行うケースが多いです。

 ご自身やご家族で階段に滑り止めを取り付けた場合であっても補助金がでますので、詳しくはお近くの市区役所の介護保険を取り扱っている窓口にご相談ください。