大阪市で玄関上がり框や掃き出し窓から庭、窓からベランダ、勝手口などに踏み台を設置する際に補助金が使えます。踏み台設置工事で利用できる補助金として「介護保険の住宅改修制度」「高齢者住宅改修費給付事業」「次世代住宅ポイント制度」があります

それぞれの対象者、条件、注意点などを説明していきます。

介護保険制度の住宅改修で踏み台設置

対象者・条件

●介護保険の要介護認定(要支援1,2 要介護1~5)を受けている方

●条件:玄関や勝手口などの段差が大きく、下肢への負担が大きかったり、動作に危険が伴うと判断された場合。

補助金額

補助基準金額20万円を上限とし、自己負担割合によって7割~9割が補助されます。

注意点

踏み台は置くだけではなく、しっかりと固定する必要があります。内部であれば木製で外部であれば樹脂製、または左官工事で造作することがあります。

踏み台は幅や奥行、足が引っかかる可能性があるかどうか等、安全性の高いものを選ぶようにしてください。

高齢者住宅改修費給付事業で踏み台設置

介護保険制度だけでは踏み台設置工事の費用を賄えない場合、高齢者住宅改修費給付制度と併用することができます。

対象者や条件、補助金額などはこちらをご覧ください

次世代住宅ポイント制度で踏み台設置

対象者・条件

●対象者:戸建て、マンション問わず自ら居住する住宅

●条件:「開口部の断熱改修」「外壁、屋根、天井又は床の断熱改修」「エコ住宅設備の設置(3種類以上)」のいずれか1つの工事を行う必要があります。それらの工事に併せてバリアフリー改修項目の段差解消として踏み台を設置した場合にポイントが発行されます。

補助金額

踏み台を設置し、段差を少なくする工事を行った場合、6,000ポイント発行されます

注意点

 次世代住宅ポイント制度は一度利用すると再度申請はできませんので、踏み台の設置工事のみではなく、節水型トイレや高効率給湯器、高断熱浴槽のユニットバスに取り替えるなどまとめてリフォーム工事を行うとお得になります。