大阪市で屋根リフォームで利用できる補助金としては、民間戸建て住宅等の耐震診断・改修等補助制度」「次世代住宅ポイント制度」「長期優良住宅化リフォーム推進事業」が利用できます。

 もちろん条件がありますので、それぞれの対象者、条件、注意点などを説明していきます。

大阪市の耐震改修補助金で屋根リフォーム

対象者・条件

●対象者●

・大阪市内ある住宅で、居住中もしくはこれから居住しようとしている住宅

・平成12年5月31日以前に建築された建物

・違反建築ではない建物(増築・越境・建築面積違反など)

・市民税・固定資産税・都市計画税を滞納していない方 等

●条件●

以下のいずれかの工事を行うこと。

評点が1.0未満の家を、1.0以上にする補強工事

評点が0.7未満の家を、0.7以上にする補強工事

・1階の耐震診断の評点が1.0未満の家を、1階のみ1.0以上にする補強工事

補助金額

大阪市の耐震リフォームの補助金:100万円+20万円上乗せ

※補助対象額の1/2の補助金に加え、自己負担額に応じて最大20万円の補助金を加算

注意点

 大阪市の耐震リフォームの補助金を利用する場合、耐震診断、耐震補強設計を行う必要があります。また、屋根をリフォームする場合、同じ種類の屋根にリフォームする場合は補助されませんのでご注意ください。

 土葺きの(瓦の下に土がある)屋根から軽い屋根材へリフォーム、また和瓦からスレート屋根にリフォームする工事など、家の重さが軽くならないと補助されませんのでご注意ください

 また、屋根を軽いものにリフォームしただけでは市が指定する耐震性は確保できず、「屋根をリフォームするだけで120万円の補助金が受けられる」ということはあり得ませんのでご注意ください。

次世代住宅ポイントで屋根リフォーム

対象者・条件

●対象者:戸建て、マンション問わず自ら居住する住宅

●条件:「開口部の断熱改修」「外壁、屋根、天井又は床の断熱改修」「エコ住宅設備の設置(3種類以上)」のいずれか1つの工事を行う必要があります。それらの工事に併せて耐震補強工事をした場合にポイントが発行されます。

補助金額

耐震工事を行って、国の基準に適合させると15万ポイントが発行されます。

注意点

屋根をリフォームして耐震性を上げる場合、次世代住宅ポイント制度の補助金を使うと損ですので、利用しないようにしてください。

長期優良住宅化リフォーム推進事業で
屋根リフォーム

対象者・条件

●対象:戸建て、または共同住宅 (木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造)

●条件:屋根などのリフォームを行った後に耐震性・劣化対策の基準に適合すること。

補助金額

●屋根補修を行う場合:200円/㎡(600円の1/3)

●屋根の軽量化を行う場合:3,500円/㎡(10,500円の1/3)

●屋根張替え(下地含む):3,500円/㎡(10,500円の1/3)

●屋根張替え(下地含まず):2,400円/㎡(7,200円の1/3)

注意点

長期優良住宅の補助金はインスペクションを行い、屋根の補修が必要と判断された場合、その補修費用も補助金対象となります。

屋根の軽量化に関しては他の補助金と同様、家全体の耐震性が国の基準に適合していないといけませんのでご注意ください。