大阪市で外壁塗装・バルコニー防水工事で利用できる補助金として、民間戸建て住宅等の耐震診断・改修等補助制度」「次世代住宅ポイント制度」「長期優良住宅化リフォーム推進事業」があります。

 条件や注意点がありますので、それぞれの対象者、条件、注意点などを説明していきます。

大阪市の耐震改修補助金で
外壁塗装・防水工事

対象者・条件

●対象者●

・大阪市内ある住宅で、居住中もしくはこれから居住しようとしている住宅

・平成12年5月31日以前に建築された建物

・違反建築ではない建物(増築・越境・建築面積違反など)

・市民税・固定資産税・都市計画税を滞納していない方 等

●条件●

以下のいずれかの工事を行うこと。

評点が1.0未満の家を、1.0以上にする補強工事

評点が0.7未満の家を、0.7以上にする補強工事

・1階の耐震診断の評点が1.0未満の家を、1階のみ1.0以上にする補強工事

補助金額

大阪市の耐震リフォームの補助金:100万円(+20万円上乗せ)

※補助対象額の1/2の補助金に加え、自己負担額に応じて最大20万円の補助金を加算

注意点

 大阪市の耐震リフォーム補助金を利用して外壁塗装・ベランダ防水を行う業者もいますが、外壁塗装を行っても家の強さは変わりませんので注意が必要です。

 家の強さには建物の重さや壁の強さの他に「劣化」が関係しています。例えば雨漏りが原因でシロアリが寄って来て、土台の一部が被害にあっている場合、家が弱くなることはイメージでくるかと思われます。その土台を取り替えたり補強すれば家の強さは変わりませんが、雨漏りの原因を改善しただけでは家が強くなりませんよね。

 外壁にひび割れがある場合、「劣化」として家の強さを低減し、その劣化を改善することで家の評点(強さの基準)が上がります。しかし、外壁のひび割れを塗装で埋めたとしても内部の木材が元には戻るわけではありません。つまり、ひび割れている外壁に塗装を行っても雨水が侵入することを防ぐだけであり、過去に侵入した雨水による被害は改善されませんので、家の強さとしては施工前と施工後では変わりません

 設計士によっては「外壁塗装をするだけで劣化が改善でき、評点が上がる」と考える人もいますので注意してください。

 ですので、「外壁塗装で地震から家を守る」「地震の補助金を利用して外壁塗装をしましょう」という業者には要注意です。

次世代住宅ポイントで外壁塗装、防水工事

 次世代住宅ポイント制度でも住宅の耐震化に伴い15万ポイントが発行されますが、上記のとおり外壁塗装、ベランダ防水だけを行っても家の強さは変わりませんので注意してください。

次世代住宅ポイント制度の詳しい内容はこちらを参照ください

長期優良住宅化リフォーム推進事業で
外壁塗装・ベランダ防水

対象者・条件

●対象:戸建て、または共同住宅 (木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造)

●条件:外壁塗装・ベランダ防水などのリフォームを行った後に耐震性・劣化対策の基準に適合すること。

補助金額

●外壁塗装:600円/㎡(1,800円の1/3)

●外装材の張替え:2,200円/㎡(6,600円の1/3)

●屋根塗装:600円/㎡(1,800円の1/3)

●バルコニー等防水工事:3,600円/㎡(10,800円の1/3)

●コーキング打ち替え:200円/㎡(600円の1/3)

注意点

 長期優良住宅の外壁塗装、ベランダ防水などの補助金はインスペクションを行い、外壁塗装やベランダ防水などの補修が必要と判断された場合、その補修費用に対して補助金がでます。

 耐震性が国の基準である1.0以上である住宅において、外壁塗装、ベランダ防水を行う場合は長期優良住宅の補助金を利用することをおススメします。