大阪市で和室の畳の取り替え、または畳からフローリングにするリフォームを行う際に補助金が使えます。和室リフォームで利用できる補助金として「介護保険の住宅改修制度」「高齢者住宅改修費給付事業」「次世代住宅ポイント制度」があります

それぞれの対象者、条件、注意点などを説明していきます。

介護保険制度の住宅改修で和室リフォーム

対象者・条件

●介護保険の要介護認定(要支援1,2 要介護1~5)を受けている方

●条件:既存の畳が滑りやすく、転倒する危険性があると判断される場合。また怪我をする恐れがある場合。

補助金額

補助基準金額20万円を上限とし、自己負担割合によって7割~9割が補助されます。

注意点

畳はイグサの目の方向によって滑りやすいので、畳からフローリングやクッションフロアに張り替える工事が補助金対象工事となっております。

また、万が一転倒した際、ケガをしにくくするために衝撃緩和に取り替える場合も補助金対象となります。

注意点としては、「畳からフローリングにする工事に対して補助金が出ます」といって介護認定をうけさせようとする業者は要注意です。補助金は本当に必要な工事にのみ利用するようにしてください。

高齢者住宅改修費給付事業で和室リフォーム

 介護保険制度の住宅改修と同様、高齢者住宅改修費給付制度でも補助金がでます。

 高齢者住宅改修費給付事業よりも介護保険の住宅改修費補助金が優先され、足りない部分を高齢者住宅改修費給付で補助を受けます。

対象者や条件、補助金額などはこちらをご覧ください

次世代住宅ポイント制度で和室リフォーム

対象者・条件

●対象者:戸建て、マンション問わず自ら居住する住宅

●条件:「開口部の断熱改修」「外壁、屋根、天井又は床の断熱改修」「エコ住宅設備の設置(3種類以上)」のいずれか1つの工事を行う必要があります。それらの工事に併せて既存の畳を衝撃緩和畳に取り替えた場合にポイントが発行されます。

補助金額

衝撃緩和畳に取り替える場合、17,000ポイント発行されます

注意点

次世代住宅ポイント制度は一度利用すると再度申請はできませんので、畳の取り替えだけではなく、水栓交換や便器交換、ユニットバス設置工事などまとめてリフォーム工事を行うとお得になります。

なお、畳取り換え工事や畳からフローリングへの変更工事は、工事内容が重複するので介護保険制度の補助金と併用することはできません。