住宅内での事故は転倒、転落、火災、浴室内での溺死やヒートショックなど様々です。

このページでは転倒・転落防止、ヒートショック防止について説明していきます。

転倒・転落防止は手すりの取り付けから

 転倒の原因として多いのが、「バランスを崩して転倒してしまった」「カーペットや絨毯、コードに足が引っかかった」ということです。バランスを崩して転倒する場合は、大概は足を上げる動作(上り下り)や、後ろに下がる行為(ドアを引いて開けるとき)などが多く、掴まるところがあればある程度は回避できます。

 「今まで足が上がっていたけど、最近はよく躓くようになった…」そう感じ始めたら要注意です。

 「手すりなんて付けるのは年寄りくさくて嫌…」と思われるかもしれませんが、若い世代でも手すりは利用します。階段や玄関に手すりがあるとやはり楽ですし、無意識に掴まってしまいます。

 危ないなと感じたらまずは手すりの取り付けがおススメです。ホームセンターにも手すりは売っており、下地があるところにであれば簡単に取り付けられるので、危ないと感じるところに取り付けるようにしてください。

 他に簡単にできる対策としては「床を片付ける」「スリッパを履くのをやめる」「動作を分ける」ということです。

 「動作を分ける」ということは、洗濯カゴを持ちながら外に出ているなら、一度床にカゴを置いて外に出てから取り出すなど、動作を分けるとより安全です。

補助金

 手すりを取り付けたり、踏み台の設置、段差を無くす(少なくする)などバリアフリーリフォームをする際に利用できる補助金は「介護保険の住宅改修制度」「高齢者住宅改修費給付事業」「重度心身障がい者(児)住宅改修費給付事業」「次世代住宅ポイント制度」「長期優良住宅化リフォーム推進事業」が利用できます

 中には浴室内の段差解消は対象外の補助金制度もありますのでご注意ください。

使い方おススメ

 上記の補助金制度は契約書と工事範囲を明確に分けることで併用することができます。

おススメとしては、

・手すり取り付け工事のみであれば「介護保険制度の住宅改修」

・耐震性が確保されている住宅で、ユニットバス取替やトイレ取替と一緒に手すりなどを取り付ける中規模工事であれば「介護保険制度の住宅改修+次世代住宅ポイント制度」

・耐震性が確保されていない住宅で、耐震リフォームと合わせてバリアフリーリフォームを行う大規模工事は「長期優良住宅化リフォーム推進事業」

・耐震性が確保されていない住宅で、耐震リフォームと合わせて設備工事、バリアフリーリフォームを行う大規模工事は「次世代住宅ポイント制度+長期優良住宅化リフォーム推進事業」

です。

 介護保険制度の住宅改修は20万円という枠がありますが、使ってしまえば転居や体の状態が悪くならない限り20万円枠は復活はしません。

 他のリフォームを考えているのであれば、介護保険制度の住宅改修以外の補助金と併用することをおススメします。

浴室のヒートショック予防は浴室暖房機取付

 冬にお風呂に入るために服を脱ぐ際、「寒っ」となりますよね。そこから更にお風呂の中に入ると「めっちゃ寒っ」となりますね。そして暖かいお湯につかると「幸せー」と心の声が漏れますが、この冬場の「寒っ」と「暖かい」の差が激しいと危険なのです。

 暖かいところから寒いところへ、逆に寒いところから暖かいところへ行くと血圧の乱高下を起こし、脳梗塞や心筋梗塞などの病気が起こりやすくなります。

 実はこのヒートショックは交通事故以上に件数が多く、住宅内事故の代名詞ともなりつつあります。

 そのようなヒートショックを防ぐためには「寒いところと暖かいところの温度差を少なくする」ことです。最も最適なのは家全体を断熱化する工事ですが、費用がかかってしまいます。

 費用をかけずにリスクが最も高い浴室、脱衣室のヒートショック対策として、浴室乾燥暖房機を取り付けることをおススメします。

 浴室の大きさにもよりますが、浴室暖房乾燥機は一回り大きなものを取り付け、予備暖房時に浴室のドアを開けっぱなしにし、洗面室も暖かくしておけば安心です。

 浴室や洗面室の面積が大きい場合は洗面室用の暖房機を取り付けることをおススメします。

補助金

 浴室乾燥暖房機を取り付ける際に利用できる補助金(ポイント)は次世代住宅ポイント制度があります。ただし、洗面室の暖房機は補助対象外となっていますのでご注意ください。

注意点

 浴室乾燥暖房機のみを取り付けるだけでポイントが貰えるわけではありません。他にも条件がありますので下記を参照ください。