大阪市で温水便座(ウォシュレット、シャワートイレ)を取り付ける際に利用できる補助金として「高齢者住宅改修費給付事業があります

 但し、条件がありますので、温水便座を取り付けて補助金を貰うための注意点などを説明していきます。

高齢者住宅改修費給付事業で温水便座取付

対象者・条件

●対象者:介護保険料段階が第1~6段階で、要介護認定(要支援、要介護)を受けている高齢者のいる世帯

●条件:和式便器から洋式便器に変更する工事を行う場合に限り、洗浄機能付きの温水便座も補助対象となります。

補助金額

介護保険料段階により、補助金の基準額は「30万円」、「5万円」の2種類があり、さらに「1割自己負担」、「自己負担無し」に分かれます。

(抜粋:大阪市高齢者住宅改修費給付事業申請のしおり、大阪市HPより)

注意点

「高齢者住宅改修費給付事業」の温水便座取付補助金を温水便座を取り付けることだけが目的で利用することはおススメしません。

また、バリアフリーリフォームを行う場合、介護保険制度の補助金が優先されます。

温水便座取替工事費用の目安

一般的な温水便座の取替費用の目安としては、施工条件にもよりますが

温水便座(量販店タイプ):1.7万円程度

温水便座(正規品):4万円~12万円程度

温水便座取付工事費:1万円程度

となります。