大阪市でトイレ等に手すりを取り付ける際に利用できる補助金として「介護保険の住宅改修制度」「高齢者住宅改修費給付事業」「重度心身障がい者(児)住宅改修費給付事業」「次世代住宅ポイント制度」「長期優良住宅化リフォーム推進事業」が利用できます

それぞれの対象者、条件、注意点などを説明していきます。

介護保険制度の住宅改修で手すり取り付け

対象者・条件

●介護保険の要介護認定(要支援1,2 要介護1~5)を受けている方

補助金額

補助基準金額20万円を上限とし、自己負担割合によって7割~9割が補助されます。

注意点

トイレ等に手すりを取り付ける際の注意点としては、痛む足と同じ壁面に手すりを取り付けてしまうと、返って立ち座りの際の足への負担が大きくなります。

また、手すりの太さや取付る高さによって体への負担の軽減度合いが違ってきます。

ですので「補助金があるから取り敢えず手すりを取り付けておけばいい…」という考えではなく、「必要な箇所」に「必要な工事」を「確実に」行うようにしてください。

高齢者住宅改修費給付事業で手すり取り付け

対象者・条件

●対象者:介護保険料段階が第1~6段階で、要介護認定(要支援、要介護)を受けている高齢者のいる世帯

補助金額

介護保険料段階により、補助金の基準額は「30万円」、「5万円」の2種類があり、さらに「1割自己負担」、「自己負担無し」に分かれます。

(抜粋:大阪市高齢者住宅改修費給付事業申請のしおり、大阪市HPより)

注意点

「高齢者住宅改修費給付事業」の補助金よりも介護保険制度の住宅改修費を補助金を優先し、足りない部分を高齢者住宅改修給付事業が補うということを頭に入れておいてください。

大阪市重度心身障がい者(児)
住宅改修費給付事業で手すり取り付け

対象者・条件

●対象者:身体障がい者手帳の交付を受けている者、世帯

●条件:下肢・体幹機能障がい者、視覚障がい者のみ

補助金額

障がいの程度によって異なりますので、下記表を参照ください。

(抜粋:大阪市重度心身障がい者(児)住宅改修費給付事業実施要綱別紙、大阪市HPより)

次世代住宅ポイントで手すり取り付け

対象者・条件

●対象者:戸建て、マンション問わず自ら居住する住宅

●条件:「開口部の断熱改修」「外壁、屋根、天井又は床の断熱改修」「エコ住宅設備の設置(3種類以上)」のいずれか1つの工事を行う必要があります。それらの工事に併せてトイレ等に手すりを取り付けた場合にポイントが発行されます。

補助金額

トイレ等に手すりを取り付けた場合、1戸あたり5,000ポイントが発行されます。

注意点

発行ポイントは1カ所あたりではなく、1戸当たり5000ポイント発行されますので、数カ所取り付けてもポイントは加算されません。

長期優良住宅化リフォーム推進事業で
手すり取り付け

対象者・条件

戸建て、または共同住宅 (木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造)

補助金額

トイレ等に手すりを取り付けた場合、I型であれば3,000円(9,000円の1/3)、L型であれば5,500円(16,500円の1/3)補助されます

注意点

手すり取付を行うためだけに長期優良住宅化リフォームの補助金は利用することができません。耐震性や劣化対策などの基準をクリアしていないと補助されませんのでご注意ください。

トイレ手すり取り付け工事費用の目安

例としてトイレの手すり取り付け費用の目安としては、施工条件にもよりますが工事費を含めて

I型:8,000円程度

L型:12,000円程度

となります。

ただし、壁の補強が必要な場合、補強板を取り付ける必要があります。

I型手すり補強板(W1200):9,000円程度

L型手すり補強板(W1200×2枚):13,000円程度


まとめ

  • 手すり取付工事を行う場合、「介護保険の住宅改修制度」「高齢者住宅改修給付制度」「重度障がい者(児)住宅改修費給付制度」「次世代住宅ポイント」「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の補助金が利用できる。
  • 介護保険の住宅改修制度などは工事費の9割から7割が補助される
  • 次世代住宅ポイントでは1戸あたり5,000ポイント、長期優良住宅課リフォームでは1か所あたり3000円(L型は5500円)の補助金を受け取ることができる。
  • 「次世代住宅ポイント」「長期優良住宅化リフォーム推進事業」ともに条件があり、耐震性や断熱性などの条件をクリアしないといけない。
  • いずれも手すり取付だけに利用するような補助金ではない。
  • トイレなどの住宅設備のリフォームと併せて手すりを取り付けるなら次世代住宅ポイントを利用することがおススメ
  • 耐震改修、断熱改修、その他バリアフリーリフォームと併せて手すりを取り付けるなら、長期優良住宅化リフォーム推進事業の補助金を利用をおススメ