大阪市は古い家が沢山残っており、地震に強い家にしたいと思われている方も沢山おられます。地震に強い家にする為には耐震リフォームを行う必要がありますが、補助金を上手に利用することで費用を抑えることもできます。

 地震に強い家にするための耐震リフォームで利用できる補助金は何があるのか、どれを使えばいいのかなどを説明していきます。

大阪市の耐震リフォーム補助金は優れもの

 家を強くするための耐震リフォームの補助金としては「大阪市の耐震リフォーム補助金(民間戸建て住宅等の耐震診断・改修等補助制度)」「次世代住宅ポイント制度」「長期優良住宅化リフォーム推進事業」があります。

補助対象 建築年月日

・大阪市の耐震リフォーム補助金:平成12年5月31日以前の建物

・次世代住宅ポイント制度:昭和56年5月31日以前の建物

・長期優良住宅化リフォーム推進事業:築年数問わず

補助金(ポイント)

・大阪市の耐震リフォーム補助金:最大120万円

・次世代住宅ポイント制度:15万ポイント

・長期優良住宅化リフォーム推進事業:最大100万円

条件

●大阪市の耐震リフォーム補助金●

・総合評点が1.0未満の家を、1.0以上にする耐震リフォーム

・総合評点が0.7未満の家を、0.7以上にする耐震リフォーム

・1階の耐震診断の評点が1.0未満の家を、1階のみ1.0以上にする耐震リフォーム

評点が1.0未満の家に、認定されている耐震シェルターを設置する工事

●次世代住宅ポイント制度●

・総合評点が1.0未満の家を、1.0以上にする耐震リフォーム

●長期優良住宅化リフォーム推進事業●

・総合評点が1.0未満の家を、1.0以上にする耐震リフォーム

・総合評点が1.0以上の家を、更に耐震性を高める工事

補助金を上手に併用して地震に強い家に

 大阪市の耐震リフォーム補助金と他の補助金は併用可能です。

 上記の説明を見て分かる通り、次世代住宅ポイント制度は使う価値がありません。

 大阪市の補助金の特徴としては「総合評点が0.7未満の家を、0.7以上にする耐震リフォーム」でも補助金が出るということです。つまり、大阪市の補助金を利用して家の強さを一度0.7以上に上げ、そこから1.0以上にする工事を長期優良住宅化リフォームの補助金を使う…ということも可能です。

 地震に強い家にするリフォームの他に、断熱工事やエコリフォームを行う場合、長期優良住宅化リフォームであれば断熱工事等も補助金がでますのでおススメです

 また、大阪市以外で耐震リフォームの補助金が40万円や60万円の市町村で耐震リフォーム補助金を行う場合、診断・設計は市の補助、そしてリフォーム工事は長期優良住宅化リフォームの補助と使い分けるとお得です。

 ただし、契約書や工事範囲を明確に分ける必要があり、下手に併用すると補助金返還命令が出る恐れがありますのでご注意ください。