大阪市で耐震リフォームをするときに利用できる補助金制度として、「民間戸建て住宅等の耐震診断・改修等補助制度」が使えます。

 大阪市は他市に比べると、耐震リフォーム(住宅の耐震化)に力を入れており、補助金額が多く、また国の耐震補助金に比べると大阪市の補助金は使いやすくなっています。

 大阪市の耐震リフォームの補助金として、工事監理費、そして耐震リフォーム工事費に対して補助金がでますが、リフォーム会社、設計事務所選びに失敗すると、金額面で大きな差が出てきます

 ですので耐震リフォームを行う場合は耐震リフォーム工事費用も考慮した耐震診断会社選びが必要となります。

補助金対象者・住宅

 家の評点が以下のいづれかの耐震補強設計に基づいた耐震リフォーム工事を行う場合に補助金が出ます。

評点が1.0未満の家を、1.0以上にする補強設計

評点が0.7未満の家を、0.7以上にする補強設計

・1階の耐震診断の評点が1.0未満の家を、1階のみ1.0以上にする補強設計

評点が1.0未満の家に、認定されている耐震シェルターを設置する工事

 その他の補助金の条件として、耐震リフォーム工事補助金の場合は「申請者の補年間所得が1200万円以下」という条件が加わります。基本的な補助金の条件は耐震診断時の条件と同様ですので、そちらを参照してください。

補助金額

耐震リフォーム補助金額:~120万円

※補助対象額の1/2の補助金に加え、自己負担額に応じて最大20万円の補助金を加算

例)耐震リフォーム工事140万円→70万円(140万円/2)+20万円=補助金90万円

  耐震リフォーム工事200万円→100万円(200万円/2)+20万円=補助金120万円

安い耐震リフォームは見た目がおかしくなる?

 「耐震リフォームって費用がかかりそう…」と思われている方も多いかと思われますが、リフォーム工事と同時に行う場合、耐震補強工事のみで見るとそれほど費用はかかりません

 耐震補強工事のみ行う耐震リフォームであれば、綺麗にしようと思うと150万円程度は最低かかります。この150万円には解体費、金物費、補強工事費、壁下地費、内装工事費、諸経費などが含まれます。

 内装工事費は部屋全体の壁紙張替えやフローリング張替え(上張り)も含まれます。

 耐震リフォームは壁と天井、床の一部を捲る必要がありますが、例えばフローリングも捲ったものを再利用して復旧すれば費用は抑えられます。また、壁紙も一部だけ違う壁紙でよければ更に費用は抑えられます。

 そのような最低限の復旧であれば、1階の壁を8カ所補強したとすると、40万円から50万円でも可能です。

 安く見える耐震リフォームは危険側の設計を行っているか、仕上がった後の壁紙、フローリングの色がパッチワークのように違うことがほとんどですので、綺麗にリフォームしようと思うとやはり最低150万円は必要です

耐震リフォームのは内装工事と同時がお得

 耐震リフォームは壁、天井、床の一部を捲る必要があります。その為、壁紙を張り替える、フローリングを張り替える工事に追加で耐震リフォームを行うことで無駄な重複費用を抑えられます。

 また、住友不動産のような「新築そっくりさん」のように天井、壁、床のほとんどを解体してリフォームする工事であれば、耐震補強に必要な費用は家丸ごとリフォームの費用に約20万円追加するだけで耐震補強ができます(壁を8カ所補強したとして)。

 このように、壁、天井、床の工事を行う工事と同時に行えば無駄な費用は格段に抑えられます。耐震リフォームのみを行うリフォーム工事であれば高く感じますが、内装工事やフル改装工事と合わせて耐震補強を行う場合は、実は20万円40万円ほどでできることも多いのです

耐震リフォームは工事監理が成功の鍵

 耐震リフォームは施工精度を高めないと効果が損なわれますので工事監理が重要となります。耐震リフォームは金物補強、合板で補強、筋交いで補強など様々な方法があります。

 金物一つ取り付けるだけでもネジの太さや長さなどが決められており、取付方法も決められています。構造用合板などの合板で補強する場合が最も注意が必要で、釘の太さ長さ、釘ピッチ、釘のめり込み深さなどが決まっています。

 大雑把な大工であれば釘ピッチも守らず、釘も合板にめり込んだ状態になっていることも多いのです。これらを守らないと大きな地震が来た際に破断するリスクが高まります。しっかりと取り付け後にチェックする、工事をしっかりと監理する必要があります

補助金目当てのリフォーム会社には要注意

「補助金を使って屋根を葺き替え」「補助金を使って室内リフォーム」と補助金情報を前面に出してリフォームを行う業者もいます。

 中には耐震リフォーム工事のノウハウの無い業者や、でたらめな工事監理を行う営業マンもいます。

 しっかりとした耐震リフォームをするために「補助金を使って耐震診断無料」などには釣られずに、しっかりとした考えとノウハウのある業者に依頼するようにしてください。

 補助金を使えばリフォームも安く感じますが、本当に必要な部位のみ工事するように心がけてくださいね。


まとめ

  • 補助金は最大120万円、でも20万円の上乗せは期間限定!
  • パッチワークのような仕上がりであれば40、50万円程度で補強可能な場合が
  • 耐震リフォームは壁、天井、床の工事と同時がお得、フル改装ならもっとお得
  • 耐震リフォームは施工精度が命、しっかりと監理してくれる会社を選びましょう