大阪市でドアを開き戸(押して開けるタイプ)から、引き戸(横に滑らせて(スライド)開けるタイプ)に変更する工事を行う場合、補助金を受け取ることができます。

 利用できる補助金として「介護保険の住宅改修制度」「高齢者住宅改修費給付事業」「重度心身障がい者(児)住宅改修費給付事業」があります

それぞれの対象者、条件、注意点などを説明していきます。

介護保険制度の住宅改修でドア取替

対象者・条件

●介護保険の要介護認定(要支援1,2 要介護1~5)を受けている方

●条件;出入り口が開き戸(押して開けるタイプ)であり、開ける動作に危険が伴うと判断された場合、補助金が下ります。

補助金額

補助基準金額20万円を上限とし、自己負担割合によって7割~9割が補助されます。

注意点

 開き戸(押すドア)から引き戸(スライドさせるドア)に変更する際、スイッチの位置を変更したりする必要がありますので、大工知識だけではなく総合的な知識がある人に依頼するようにしてください。

 また開き戸から折れ戸(真ん中で折れるドア)やアコーディオンカーテンに取り替える場合も補助金対象工事となります。

 特に浴室は開き戸であると転倒やスリップの危険性が高いため、折れ戸に変更することが多く見られます。浴室のドアを折れ戸にする場合、リフォーム用の浴室用折れ戸がありますので工事時間も少なく、費用も抑えられます。

高齢者住宅改修費給付事業で敷居撤去

 開き戸から引き戸等へ変更する場合であっても、高齢者住宅改修費給付事業も介護保険制度の住宅改修と併用することで補助金を利用することができます。補助対象工事などは介護保険制度と同様で、介護保険では補えない部分を高齢者住宅改修費給付事業が補ってくれます。

条件や対象者などの詳細はこちら

大阪市重度心身障がい者(児)
住宅改修費給付事業で敷居撤去

対象者・条件

●対象者:身体障がい者手帳の交付を受けている者、世帯

●条件:下肢・体幹機能障がい、上肢機能障がい者

補助金額

障がいの程度によって異なりますので、下記表を参照ください。

(抜粋:大阪市重度心身障がい者(児)住宅改修費給付事業実施要綱別紙、大阪市HPより)