大阪市で給湯器取替工事をお考えの場合、給湯器を取り替える際、補助金がでることはご存知でしょうか。勿論条件はあります。

 その補助金とは「高齢者住宅改修費給付事業」「次世代住宅ポイント制度」「長期優良住宅化リフォーム推進事業」です。

それぞれの対象者、条件、注意点などを説明していきます。

高齢者住宅改修費給付事業で給湯器取替

対象者・条件

●対象者:介護保険料段階が第1~6段階で、要介護認定(要支援、要介護)を受けている高齢者のいる世帯

●条件:

①浴槽と洗い場の段差、浴槽内と浴槽の縁の段差が高く(跨ぎ越し高さが高く)、入浴の際に転倒の危険性があると判断された場合。

②浴室出入り口の段差が高く、入浴の際に転倒の恐れがあると判断された場合。

 浴槽を取り替える、ユニットバス化する際、給湯器(バランス釜、風呂釜)が邪魔で段差を解消できない、ユニットバスを設置できない場合に限り、給湯器取替工事に対して補助金が下ります。

補助金額

 介護保険料段階により、補助金の基準額は「30万円」、「5万円」の2種類があり、さらに「1割自己負担」、「自己負担無し」に分かれます。

(抜粋:大阪市高齢者住宅改修費給付事業申請のしおり、大阪市HPより)

注意点

 「高齢者住宅改修費給付事業」と介護保険制度の住宅改修費と併用し、介護保険を優先しないといけません。

 高齢者住宅改修費給付事業では商品のグレードは最も安価なものとなり、給湯器は16号になります。

 ただし、自己負担でグレードアップする場合は給湯器を24号にすることも可能です。

 ちなみに、浴室内リモコンや追い炊き循環工事、給湯器撤去・取り付け工事も補助金対象となっております。

次世代住宅ポイントで給湯器取替

対象者・条件

●対象者:戸建て、マンション問わず自ら居住する住宅

●条件:「開口部の断熱改修」「外壁、屋根、天井又は床の断熱改修」「エコ住宅設備の設置(3種類以上)」のいずれか1つの工事を行う必要があります。それらの工事に併せて高効率給湯器を設置した場合にポイントが発行されます。

補助金額

高効率給湯器に取り替えた場合、24,000ポイントが発行されます。

注意点

発行ポイントは1台あたりではなく、1戸当たり24,000ポイント発行されますので、数カ所取り付けてもポイントは加算されません。

高効率給湯器は「エコキュート」、「エコジョーズ」、「エコフィール」、「ハイブリッド給湯器」とされていますので、従来通りの熱効率が悪い給湯器を取り付けても補助されませんのでご注意ください。

長期優良住宅化リフォーム推進事業で
給湯器取替

対象者・条件

●対象:戸建て、または共同住宅 (木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造)

●条件:耐震性・劣化対策の基準がリフォーム後に適合すること。

補助金額

ヒートポンプ式給湯器(エコキュート等)を設置した場合、13万円の補助金がでます。

潜熱回収型給湯器(エコジョーズ等)を設置した場合、66,000円の補助金がでます。

注意点

給湯器を取り替えるためだけに長期優良住宅化リフォームの補助金は利用することができません。耐震性や劣化対策などの基準をクリアしていないと補助されませんのでご注意ください。