大阪市の浴槽を取り替えるリフォームを行う際に利用できる補助金として「介護保険の住宅改修制度」「高齢者住宅改修費給付事業」があります

それぞれの対象者、条件、注意点などを説明していきます。

介護保険制度の住宅改修で浴槽取替

対象者・条件

●介護保険の要介護認定(要支援1,2 要介護1~5)を受けている方

●条件:浴槽と洗い場の跨ぎ越し高さが高く、入浴の際に転倒する恐れがある場合に補助されます。

補助金額

補助基準金額20万円を上限とし、自己負担割合によって7割~9割が補助されます。

注意点

浴槽取替にあたって補助される条件としては「跨ぎ越し高さが高くて転倒の恐れがある」場合です。ですので、単に浴槽が古くなったから、割れているからという理由では取り替えることができません。

また、「浴槽を取り替えるときに補助金が受けられるので介護認定を受けましょう」という業者には要注意です。

浴槽取替は戸建て住宅のみではなく、団地などでも取替が可能です。

高齢者住宅改修費給付事業でユニットバス設置

介護保険制度の住宅改修と同様、高齢者住宅改修費給付制度でも補助金がでます。

高齢者住宅改修費給付事業では戸建て住宅であれば浴槽取替に伴う壁、床タイルの張替え工事(一部)も補助金対象工事となっております。その他に、団地などではバランス釜(風呂釜)をホールインワンタイプの給湯器に変えて、浴槽もホールインワンタイプに変えることもできます。ホールインワンタイプにしないと段差が解消できない場合は、給湯器も補助金対象となります。

対象者や条件、補助金額などはこちらをご覧ください