大阪市で洗面所の内装工事をする際に利用できる補助金として「長期優良住宅リフォーム推進事業」があります

それぞれの対象者、条件、注意点などを説明していきます。

長期優良住宅化リフォーム推進事業で洗面リフォーム

対象者・条件

戸建て、または共同住宅 (木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造)

補助金額

:下地・仕上げのいずれかで防水措置を行った場合、500円/㎡

:下地・仕上げの両方で防水措置を行った場合、1,700円/㎡

:下地・仕上げのいずれかで防水措置を行った場合、1900円/㎡

:下地・仕上げの両方で防水措置を行った場合、3,300円/㎡

注意点

洗面所の内装リフォームを行うためだけに長期優良住宅化リフォームの補助金は利用することができません。耐震性や劣化対策などの基準をクリアしていないと補助されませんのでご注意ください。

洗面所内装リフォームの工事費の目安

 一般的な洗面室内装リフォームは壁の仕上げをビニールクロス、床をクッションフロアで行う場合が多いと思われます。それらの仕上げは防水措置として認められ、特別なことをしなくても通常のリフォームでも補助金を受け取ることができます

壁クロス(洗面室のみの場合):4万円程度

床クッションフロア張替え:1万円程度

 壁の下地に防水措置を行う場合は、一度既存の壁下地の石膏ボードを捲って“耐水”ボードに取り替える必要があり、面積にもよりますが石膏ボード張替えのみの金額で考えると7万円から9万円程必要です。更に分電盤(電気のブレーカー)を脱着する必要があったり、洗面化粧台、洗濯機パンの脱着が必要となるため、「下地から防水措置」を行うと費用がかかり過ぎてしまいます。

 ですので下地から防水措置を行う場合は、天井や床、壁を全て解体するといった大型リフォームを同時に行う方が好ましいと言えます。


一級建築士おススメのリフォーム会社選びの方法

補助金に強い会社探しの疑問
  1. 補助金を使えるリフォーム会社がどこなのかわからない
  2. 優良なリフォーム会社を選びたい
  3. 写真だけで見積もり概算を教えて欲しい

そのようなお悩みはここで解決☆経営が良好で厳しい審査をクリアした会社のみが参加できる、一級建築士おススメNo.1のリフォーム会社紹介サイトです。

利用者数No.1の住宅リフォーム会社紹介サイト

外壁・屋根塗装の会社選びの疑問
  1. 私の地域で最安値の業者を選びたい
  2. 塗装工事は悪徳業者が多いから、しっかりとした業者を選びたい
  3. 何社か見積もりを一括で取りたい
  4. 写真などで概算を知りたい

そのようなお悩みはここで解決☆外壁・屋根塗装を専門に取り扱っている業者が集まる、一級建築士も信用できる塗装業者紹介サイトです。

外壁塗装の一括見積【全国見積もりサポート協会】

小さな工事・修理会社選びの疑問
  1. こんな工事はどこに相談したらいいの?
  2. メンテナンスは地元の業者、30分圏内で探したい!
  3. 受け答えがしっかりしていて安心できる業者を選びたい
  4. 写真などで概算を知りたい

そのようなお悩みはここで解決☆給湯器取替や蛇口交換など、小さな工事やメンテナンス業者も集まる、一級建築士おススメの修理・メンテナンス業者紹介サイトです。もちろん大きなリフォームも対応可能☆

リフォーム比較プロで工事が安くなる!