大阪市の戸建て住宅で浴室床タイル工事で出る補助金として「介護保険の住宅改修制度」「高齢者住宅改修費給付事業」があります

それぞれの対象者、条件、注意点などを説明していきます。

介護保険制度の住宅改修で浴室床タイル工事

対象者・条件

●介護保険の要介護認定(要支援1,2 要介護1~5)を受けている方

●条件:浴室の床タイルが滑りやすく、転倒の恐れがある場合、もしくは浴室の洗い場タイル部分と出入り口、又は浴槽との段差が大きく、転倒の恐れがある場合。

補助金額

補助基準金額20万円を上限とし、自己負担割合によって7割~9割が補助されます。

注意点

浴室床タイルは転倒防止目的で「滑りにくい床材の変更」または「段差解消」として補助されます。

「浴室の床タイルが冷たいから」という理由では洋室床タイルを張り替えることはできません。また「介護保険を使って浴室床タイル工事ができる」という業者にも注意してください。

工事としてはタイルを滑りにくいものに張り替える工事、又は滑りにくいシートを張る工事が含まれます。

高齢者住宅改修費給付事業で浴室床タイル工事

 高齢者住宅改修費給付制度も介護保険と同様に、介護保険では賄えない部分の補助が受けられます。工事範囲が広範囲となり、費用が高くなる場合は高齢者住宅改修費給付制度も併用して費用負担を軽減することがおススメです。

対象者や条件、補助内容についてはこちら↓