大阪市でも利用できるバリアフリー工事に伴う介護保険の住宅改修補助金の対象者、補助金額、工事内容等を説明していきます。

 年齢を重ねると「トイレの立ち座りがしんどい」「お風呂に入って怪我をしそう」などといった腰・膝・足などへの痛みや、動作を行う際の恐怖感(転倒・転落の危険性)が増してきます。

 そのような「痛み」や「危険性」を軽減し、「楽に行動」できるようにするためのリフォームで利用しやすい補助金が「介護保険の住宅改修補助金」です。

対象者

介護保険の要介護認定を受けている全ての方(要支援1,2、要介護1~5)

補助金額

介護保険により住宅改修費の7割~9割が補助されます。ただし、20万円以上の費用に対しては補助金の上限額は14万円(3割負担者)~18万円(1割負担者)です。

例)1割負担者が工事を行った場合…

16万円の工事→16万円×0.9=14.4万円(補助金)

23万円の工事→18万円(補助金)

対象工事

手すりの取り付け

トイレや浴室、廊下、階段、玄関、玄関から道路までの通路などに、転倒防止、移動補助のために付ける手すりは介護保険補助金の補助対象となります。

廊下やトイレに手すりを取り付ける他に、洗濯物を干すために利用しているベランダや庭に出る窓付近にも取り付けることができます。日常生活の動作を安全にする、スムーズにするためなら幅広く介護保険補助金を利用できます

手すり取り付けの優先順位としては「命を落とす危険性が高い箇所」「使用頻度が高い箇所」とすることがおススメです。

注意点としては、例えば便器からの立ち座りの際に使用する手すりを、右の膝・足が痛い方に対して、右側に手すりを取り付けてしまった場合は返って痛みが増しますので取付位置には注意が必要です。

また、横の手すりを取り付ける場合と縦の手すりを取り付ける場合、手すりの太さの違いでも足への負担の大きさが異なりますので、しっかりと体の状態を聞いてくれる業者、ノウハウがある業者に依頼するようにしてください。

段差の解消

 トイレや居室、玄関などの敷居等を転倒防止・移動補助の目的で段差を無くす、緩和する工事に介護保険補助金が出ます。

 施工例としては「敷居の撤去」「敷居スロープの取り付け」「玄関に踏み台を設置する」などがあります。

 あまり知られていないですが、「庭やベランダに出る際の踏み台を取り付ける工事」や「浴槽を低いものにする(浴槽取替)」「階段の架け替え」も介護保険の補助金がでます。

 但し、踏み台などは簡易的な箱を置くだけではなく、しっかりと“固定”することが必要となります。室内であれば木材で造作したり、外部であればコンクリート(モルタル)などで作る場合が多いです。

 使用材料と使用場所、安全性を考慮するとともに、費用のバランスを考えて行うようにしてください。

床材の変更(滑り防止)

 居室や廊下、トイレ、階段などで滑りやすい床材から滑りにくい床材に変更する、スムーズに移動できるようにする工事に対して介護保険の補助金が出ます。

 階段であれば階段の先端(段鼻)に滑り止め材料を張る工事や、和室の畳をフローリングに変更する工事、畳を衝撃緩和畳に変更する工事などが対象となります。

  他にはタイル張りの浴室の床やトイレの床を滑りにくいタイルに張り替えたり、滑りにくいシートを張ったりする工事も介護保険の補助金対象です。

※「介護保険の補助金を使ってフローリングの張替えができますので介護認定を受けましょう」という業者は根本的に悪徳業者ですので注意してください。

扉の変更

 居室や浴室などの出入り口を開き戸から引き戸、折れ戸、アコーディオンカーテンなどに取り替えると介護保険の補助金がおります。

 開き戸とは“押して(引いて)開くドア”で、引き戸とは“横にスライドして開ける扉”です。

 浴室の扉を開き戸から折れ戸に変更する工事が最も多く、扉の枠をそのまま残した状態で折れ戸に変更することも可能です。

 居室においても枠をそのまま残して引き戸に変更することや、扉をそのまま再利用することも可能です。

 開き戸から引き戸等への変更の他に、ドアノブからドアハンドルへの取り替え、戸車の取り替え(重い戸を軽くする)工事も介護保険の補助金の対象となります。

 浴室は滑りやすく、転倒する危険性が最も高いので、「浴室の扉変更」と同時に「手すり取り付け」、「タイルを滑りにくい材料に変更」することがおススメです

和式便器から洋式便器等への取り替え

 和式の便器を洋式の便器に取り替える場合に介護保険の補助金がでます。便器の取り替えは介護保険住宅改修の中で最も費用がかかりますので、費用を抑えたい方は、和式便器をそのまま残して、上から洋式便器を被せる方法もありますので、一度業者やケアマネージャーと相談してみてください。

また、洋式便器の向きを変える工事も介護保険の補助金対象となりますので、トイレを広げて向きを変えるということも可能です。

その他付帯工事

「手すり取り付けのための下地補強工事」
「浴室の床の段差解消に伴う排水管の延長、蛇口の移設」
「床材の変更のための下地補強、下地処理」
「扉の取り替えによる壁、柱の改修」
「便器の取り替えに伴う床材の変更、給排水工事」

に対しても介護保険の補助金がでます。

こういう業者は要注意

「トイレを介護保険の補助金で取り換えることができます」
「浴槽を介護保険の補助金で取り換えることができます」
「だからまず介護認定を受けましょう」

と催促してくる業者は要注意です。介護保険の補助金が利用できる上限が限られているので、本当に必要な箇所に本当に必要な工事だけ行うようにしてください。

 また、手すり工事は簡単な箇所は誰でもできる工事ですが、取り付ける場所を間違えると返って痛みが増したりすることもあります。また、下地材をしっかりと見極めないと、いざという時に外れて怪我をする恐れもあります。

 このように高額な業者や低品質な業者を回避する為に、厚生労働省は「複数の住宅改修の事業者から見積もりを取るよう、利用者に対して説明すること」と発表しておりますので、皆さまも信頼できる業者を知らない場合は相見積もりを取るようにしてください。

相談はケアマネージャーが基本

 相談はケアマネージャーが居る場合はケアマネージャーにしましょう。ケアマネージャーが居ない場合は、「福祉住環境コーディネーター2級以上の有資格者」「地域包括支援センターの専門員」などでも申請は可能です。

ほとんどのリフォーム会社では福祉住環境コーディネーターがいますので、お付き合いのあるリフォーム会社がある場合は直接リフォーム会社に相談しても大丈夫です


まとめ

  • 介護保険の補助金は「手すり取り付け」「段差解消」「床材の変更」「トイレ取り換え」「建具取替」で利用できる
  • 高齢に伴い、動作がしにくくなった、怖い思いをした場合は早めに相談
  • 住宅改修の業者は悪徳業者も多いので、何でも説明を鵜呑みにしないこと
  • 介護保険の補助金は市役所が公開していないような工事も対象となることが多い
  • ケアマネージャーが居ない場合でも介護保険の補助金申請が可能