大阪市で使いやすいリフォーム補助金一覧

 大阪市で使いやすいリフォーム補助金をまとめました。大阪市以外でも堺市、松原市、東大阪市、八尾市等でも耐震リフォーム以外は基本的には同じです。

 リフォーム業者の中には補助金のことを知らない業者もあれば、申請が面倒だから教えない業者もいますので、少しでも補助金を使える可能性があれば、リフォーム業者に依頼する前に当社にご相談ください

介護保険の住宅改修手すりの取り付けから段差の解消などのバリアフリー工事に対し、18万円の補助金が受けられます。「和式トイレが辛い」「階段の上り下りが怖い」「畳が滑って危ない」など、怪我をする前にバリアフリー工事を行ってください。

高齢福祉の住宅改修介護保険の補助金だけでは補え切れない部分について、介護保険制度の住宅改修と併用することで、介護保険料段階によって最大30万円まで補助金が上乗せされます。「タイル張りの浴室を負担少なく取替えて安心して入浴したい」そのような大掛かりな工事でもこの補助金を利用すれば経済的です。

障がい者向け補助金身体障がい者手帳の交付を受けている者、その家族は、障がいの程度によって最大100万円の補助金を受け取ることができます。対象工事は介護保険制度と同じく、手すり取付、段差解消、滑りにくい床材への変更、等となります。

耐震診断【大阪市】大阪市で木造住宅の耐震リフォームを行って地震に強い家にする場合、必ず耐震診断を行う必要があります。大阪市で木造住宅の耐震診断を行う場合、45,000円の補助金を受け取ることができます。

耐震補強設計【大阪市】大阪市で木造住宅の耐震リフォームを行うために耐震診断を行い、その後は耐震補強設計の段階に移ります。大阪市が定めた耐震の諸条件をクリアするように設計されたものには、10万円の補助金を受けることができます。

耐震リフォーム耐震補強設計が済めば、耐震リフォーム着工となります。耐震リフォーム工事も筋交いを入れる工事や、家を軽くする工事などの対象工事について、最大で120万円(期間限定)の補助金を受け取ることができます。

省エネリフォーム節水型トイレに取替える、断熱の浴槽に取替えるなどの省エネリフォームを行う場合、次世代住宅ポイント制度が利用できます。キッチンやトイレ、ユニットバスなどを取替える工事を行う場合、この住宅ポイントを貰うことをおススメします。

長期優良リフォーム耐震補強工事や断熱工事、劣化対策工事などを行った場合、最大で100万円(評価基準型)を受けることができます。親子孫3世代(親子2世代)の同居リフォームに関しては更に50万円上乗せされます。

部位別リフォーム補助金

水回り

蛇口交換水道の蛇口(水詮)をお湯を節約するタイプに交換すると補助金がもらえます。次世代住宅ポイント制度では4,00ポイント、長期優良住宅化リフォームでは6,000円の補助金がもらえます。

節水トイレ取替の補助金トイレを節水型トイレに取替えると、次世代住宅ポイントでは16,000ポイント、長期優良住宅化リフォームでは29,000円の補助金が出ます。

温水便座取替の補助金大阪市で温水便座(ウォシュレット、シャワートイレ等)を取り付ける場合、高齢者住宅改修費給付事業の補助金が使えます。和式便器から洋式便器に変更する工事を行う場合に限り認められますが、最大で30万円まで補助金が支給されます。

手すり取付工事トイレ等に手すりを取り付ける際に利用できる補助金として「介護保険の住宅改修制度」「高齢者住宅改修費給付事業」「重度心身障がい者(児)住宅改修費給付事業」「次世代住宅ポイント制度」「長期優良住宅化リフォーム推進事業」が利用できます。それぞれの補助金を併用することも可能です。

洗面所内装リフォーム洗面所の床や壁を防水性のあるビニール素材で仕上げた場合や、その下地も防水措置を行った場合に補助金を受け取ることができます。壁紙張替えで500円/㎡、クッションフロア張替えで1,900円/㎡の補助金が支給されます。

食洗器取替の補助金家事負担を軽減する為に食洗機を取り付けた場合、次世代住宅ポイント制度により18,000ポイントが発行されます。

レンジフード取替家事負担を軽減する為に掃除がしやすいレンジフードを取り付けた場合、次世代住宅ポイント制度により9,000ポイントが発行されます。

コンロ取替の補助金家事負担を軽減する為に自動調理対応コンロを取り付けた場合、次世代住宅ポイント制度により12,000ポイントが発行されます。

浴室乾燥暖房機の補助金家事負担を軽減する為に浴室乾燥暖房機を取り付けた場合、次世代住宅ポイント制度により18,000ポイントが発行されます。

ユニットバスの補助金戸建て住宅でタイル張りの浴室からユニットバスに取り替える際に利用できる補助金として「介護保険の住宅改修制度」「高齢者住宅改修費給付事業」「長期優良住宅化リフォーム推進事業」、ユニットバス取替でも利用できる補助金として「次世代住宅ポイント制度」があります。

浴室床タイル張替え等浴室の床タイルが滑りやすく、転倒の恐れがある場合、もしくは浴室の洗い場タイル部分と出入り口、又は浴槽との段差が大きく、転倒の恐れがある場合、「介護保険の住宅改修制度」「高齢者住宅改修費給付事業」の補助金を利用することができます。

浴槽取替工事の補助金浴槽と洗い場の跨ぎ越し高さが高く、入浴の際に転倒する恐れがある場合に「介護保険の住宅改修制度」「高齢者住宅改修費給付事業」の補助金が利用できます。介護保険制度では18万円、高齢者住宅補助金では最大30万円支給されます。

給湯器取替の補助金高齢者住宅改修費給付事業で給湯器が邪魔でユニットバスを設置することができない場合、給湯器に対しても補助金が支給されます。また、エコジョーズなどの高効率給湯器に交換した場合、次世代住宅ポイント制度では24,000ポイント、長期優良住宅化リフォームでは最大13万円の補助金が支給されます。

パイプ取替工事の補助金排水管や給水管、給湯管を引き換える場合や一部取替える場合に、長期優良認定住宅化リフォームの補助金が利用できます。メーターから各設備まで給水管、給湯管を引き換えた場合、73,000円の補助金がでます。

玄関・廊下・階段・居室

和室リフォーム補助金和室の畳の取り替え、または畳からフローリングにするリフォームを行う場合、「介護保険の住宅改修制度」「高齢者住宅改修費給付事業」「次世代住宅ポイント制度」の補助金が使えます。介護保険では18万円、高齢者住宅補助金では最大30万円、次世代住宅ポイント制度では17,000ポイントが発行されます。

踏み台設置工事玄関上がり框や掃き出し窓から庭、窓からベランダ、勝手口などに踏み台を設置する際に補助金が使えます。踏み台設置工事で利用できる補助金として「介護保険の住宅改修制度」「高齢者住宅改修費給付事業」「次世代住宅ポイント制度」があります。

階段滑り止め工事階段の段鼻(踏面の先端)に滑り止めを取り付ける工事や、踏面に滑りにくいシートを張る工事に対して、介護保険制度を利用すれば18万円まで補助されます。

敷居撤去など段差解消出入り口の敷居を撤去し、段差を無くす工事を行う場合、「介護保険の住宅改修制度」「高齢者住宅改修費給付事業」「重度心身障がい者(児)住宅改修費給付事業」「次世代住宅ポイント制度」「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の補助金を利用することができます。

ドア取替工事の補助金ドアを押して開けるタイプから、横に滑らせて(スライド)開けるタイプに変更する工事を行う場合、「介護保険の住宅改修制度」「高齢者住宅改修費給付事業」「重度心身障がい者(児)住宅改修費給付事業」の補助金を利用することができます。

内窓等設置工事内窓設置、玄関ドア取替、ガラス取替工事をお考えの場合、「次世代住宅ポイント制度」「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の補助金を利用することをおススメします。

ホームエレベーター設置ホームエレベーターを付ける工事をお考えの場合、「次世代住宅ポイント制度」「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の補助金が利用できます。次世代住宅ポイントでは15万ポイント、長期優良住宅化リフォームでは90万円の補助金が支給されます。

階段昇降機取付階段を上り下りしないと生活することが困難で、階段を自力では登れない、または上り下りすると危険が伴うと判断された場合、高齢者住宅改修費給事業の補助金を利用することができます。

屋根・外壁・エクステリア(外構)・床下

屋根リフォームの補助金屋根を軽くして耐震性を上げる工事や、屋根補修などの劣化改善を行うに補助金を受け取ることができます。屋根リフォームで利用できる補助金としては、「民間戸建て住宅等の耐震診断・改修等補助制度」「次世代住宅ポイント制度」「長期優良住宅化リフォーム推進事業」があります。

外壁塗装・防水工事外壁塗装、防水工事を行う場合、長期優良住宅化リフォームの補助金がおススメです。外壁塗装:600円/㎡、外装材の張替え:2,200円/㎡、屋根塗装:600円/㎡、バルコニー等防水工事:3,600円/㎡、コーキング打ち替え:200円/㎡が補助されます。

白蟻予防工事防蟻工事、白蟻予防工事を行う場合、長期優良住宅化リフォームの補助金がおススメです。剤土壌散布処理:900円/㎡、防湿コンクリートの打設:5,900円/㎡、防湿フィルム敷き+乾燥砂敷:800円/㎡が支給されます。

壁・床・屋根断熱工事戸建て住宅で壁や天井、床に断熱材を入れる工事を行う際にに利用できる補助金として「次世代住宅ポイント制度」「長期優良住宅化リフォーム推進事業」があります。天井や壁、床を捲る大掛かりなリフォームを行う場合は利用することをおススメします。

目的別リフォーム補助金

住宅内事故を防ぐ住宅内での事故は転倒、転落、火災、浴室内での溺死やヒートショックなど様々です。住宅内事故を防ぐために、事前に対策を行う必要があり、少しでも金銭的負担を軽減するためにも補助金は利用しましょう。

地震に強い家にする大阪市は古い家が沢山残っており、地震に強い家にしたいと思われている方も沢山おられます。地震に強い家にする為には耐震リフォームを行う必要がありますが、補助金を上手に利用することで費用を抑えることもできます。地震に強い家にするための耐震リフォームで利用できる補助金は何があるのか、どれを使えば最もいいのかなどを説明していきます。