戸建て住宅において、タイル張りの浴室からユニットバスに変更する場合やユニットバスを取替える場合、今よりもっと大きな浴槽が入らないのかと思ったことがあるかと思います。

洗面室やその他の部屋に浴室を拡げられるスペースが余っていれば広々としたユニットバスにしたいものですよね。しかし、気になるのがその浴室を拡張する工事費用ですよね。

 ここでは、戸建て住宅において、今現状のタイル張りの浴室の大きさのままユニットバスに取替える場合と、浴室を拡張して大きなユニットバスを入れた場合の金額の差、相場を説明します。

また、戸建て住宅のユニットバスを取替える場合も、現状のサイズのままと大きなサイズにする場合の差額を説明していきます。

あなたのお悩み
  1. 戸建てのタイル張りの浴室を拡げたいけど、お金が心配だ!
  2. ユニットバスを拡げたいけど、どのくらい費用がかかるの?

戸建て住宅のタイル張り浴槽を拡張してユニットバスへ

 あなたの家に1216サイズ(1200mm×1600mm)のユニットバスが入るとします。これを1616サイズにするために洗面室側に400mm拡げようとすると、どのくらいの追加費用がかかるのかを説明していきます。

解体費用の差額・相場

 戸建て住宅のタイル張り浴室を拡げようと思うと、ブロック基礎や洗面室の天井・壁・床を一部解体しないといけません。また多く土を掘削する必要も出てきますので、浴室を拡張する場合の解体費用は多少上がります。

浴室内も合わせてどこまで解体するかによって変わりますが、処分費も含めると多くて40,000円~45,000円ほどアップとなります。ただし、同じ人数で同じ日数で解体が終わる状況でしたら差額は無しとなります。

ユニットバスからユニットバスにする場合、大概は2人作業で1日以内に終わりますので、差額は生じません。

配管費用・電気工事費用の差額・相場

 配管工事費用に関しては差額はありません。

ただし、浴室を拡げるにあたって洗面化粧台の移設、新設や洗濯パンの脱着などが必要となる場合がほとんどです。そのような場合、配管移設費用で35,000~45,000円程度、洗面化粧台取付、洗濯パン脱着工事で28,000~38,000円程追加となります。

 電気工事としては、洗面室照明の位置変更や洗面化粧台などの電源移設等で約1万円ほど必要となります。

土間打ち費用の相場

 在来のタイル張りの浴室を解体すると、下は土の状態になります。土の上にはユニットバスを設置することはできませんので、モルタルを敷き詰めて足元を固めます(土間打ち)。タイル張りの浴槽である場合、浴室を拡張したとしても作業時間は変わりません。材料費で1,000~2,000円程度追加で必要なだけです。

 なお、ユニットバスを拡げて大きなユニットバスにする場合、左官工事費用が丸々必要となりますので、15,000円~20,000円程度は追加で必要となります。わざわざ本職の左官職人を呼ぶ場合はもう少し必要となります。

商品代の差額・相場

 商品もサイズが変われば金額は変わりますが、一般的によく選ばれている戸建て用のユニットバスでは、約6万円(定価)の差額となります。

出し値の相場は6割引きですので、1万円追加するだけで1216から1616サイズへ変更することができます。もちろん大きさが変わったからと言って組立費用は変わりません。

大工工事費用の差額・相場

 戸建て住宅の浴室を拡張する場合、床等の補修やユニットバス側の壁1面造作する必要があります。リフォーム会社の段取りによって変わりますが、ユニットバス施工前、施工後の2日に作業を分ける必要がある場合、材料費と施工費を合わせると40,000円~48,000円程の追加費用が必要です。

また、柱を抜いて梁補強等を行う場合、材料費も合わせると2~3万円程は必要となります。

その他工事の差額・相場

 その他で追加費用がかかるのは処分費、諸経費です。大工工事などで発生する処分費は数千円、諸経費は総額の金額差の5~10%が追加費用となります。

浴室拡張リフォームの金額差総額

 戸建て住宅の浴室拡張リフォームの費用の差額をまとめると、

現状がタイル張りの浴槽の場合:約19~24万円

ユニットバスを拡げる場合:約15~17万

となります。意外と安いですよね。ただし、あくまでも目安であり、間取りや仕上げ材によって変わってきます。

戸建て住宅で浴室を拡げたいと考えている方は、一度検討してみてはいかがでしょうか。