「無料で外壁塗装」というチラシやキャッチコピーを最近よく見ますが、本当に無料で外壁塗装なんてできるのかと疑問に思われる方も多いはずです。

「無料でできるなら是非ともやりたい」と手を出してしまったら、あなたは詐欺師の共犯者になってしまいます。インターネット上では「無料で外壁塗装はほとんどが詐欺業者」とよく書かれていますが、本当にそうなのでしょうか。

しっかりと正規の調査、見積もり、申請を行いさえすれば、実際には無料で外壁塗装ができることもありますインターネット上に書かれている情報を鵜呑みにして、保険金を受け取る権利を放棄している方も沢山いらっしゃいます。

ここでは外壁塗装が無料になるという本当の理由について説明していきます。また、詐欺にあたる場合も説明していきます。

あなたのお悩み
  1. 無料で外壁塗装なんてできるの?
  2. 外壁塗装無料という業者は詐欺業者なの?
  3. どのような補助金を使えば無料で外壁塗装をできるの?

無料で外壁塗装をするには

 無料「外壁塗装が無料」と宣伝している会社が沢山あります。インターネット上で外壁塗装無料=詐欺と言われているのに、なぜ堂々と「外壁塗装無料」と宣伝するのでしょうか。

それは、外壁塗装無料が本当は詐欺でもなんでもないからです。外壁塗装を無料で行うためには火災保険を利用する必要があります。

“利用する”と書くと少し語弊がありますが、火災保険の“正しい申請”をすることで、合法的に保険金を受け取ることができます。その保険金を使って外壁塗装を行うことができるので、実質「外壁塗装無料」となります。

この火災保険を使って外壁塗装を行う条件としては、あなたの建築物に台風被害がある必要があります。台風被害があれば台風被害調査を行い、正しい申請を行うことで損害保険金を受け取ることができます

火災保険は屋根材、雨どいなどの破損・飛散、外壁の傷、カーポート、波板などの破損・飛散など幅広い損害に対応しています。これらの台風被害があれば、それを修理する見積もりを作成し、保険金を受けとることができます。

ここで疑問に思われる方も多いのが「火災保険の保険金を受け取ると、台風被害箇所を修理しないといけないのでは?」「申請箇所以外で保険金を使ってはいけないのでは?」ということです。

ハッキリと言いますが、それは思い込み・洗脳です。誰がそのような事を決めているのでしょうか。誰も決めていませんし、火災保険の保険金を使って修理をしないといけないという義務もありません

「なんだか保険金を受け取ることは悪いことだ」と思われている方は損をしています。これだけはよく認識しておいてください。

ここがポイント

  • 外壁塗装無料は「加入している」「台風被害がある」家のみ可能である
  • 火災保険の保険金を正しく申請すれば、詐欺でも何でもない
  • 火災保険の保険金を使って台風被害箇所を修理しないといけないという義務はない

外壁塗装無料は詐欺業者も多いのは事実

火災保険に加入していれば、正しく台風被害申請することで保険金を受け取り、無料で外壁塗装ができる可能性があることは上記の通り説明しました。

しかしながら、このような美味しい餌がある業界には悪徳業者も沢山いることも事実です。ここでは悪徳業者の見分け方と対策を説明していきます。

悪徳業者は大概訪問販売業者です。訪問販売で「外壁塗装が無料」として売り込んでくる業者は要注意です。その場で契約をするのではなく、しっかりとホームページを確認するようにしてください

ホームページを見て、代表者の名前や会社住所、写真などが公開されていれば安心してもいいでしょう。施工例などの実績があればなお良しです。訪問販売ではなく、インターネット上での集客を行っている会社の場合も同じく、ホームページを見て判断します。

ホームページの作りやホームページのボリューム、施工例やお客様の声、代表プロフィールなどを見て判断するようにしてください。

詐欺に遭うケースとしては、火災保険の保険金が下りなかった場合や、減額された場合に詐欺だと思うケースがあります

どういうことかと言うと、保険金は申請してから1か月後にあなたの口座に入金されますが、保険金が下りる前に契約を行い、工事も行ってしまうと泣き寝入りしてしまう可能性があります

「保険金が100万円下りると言われたのに、実際は40万円しか下りなかった…60万円実費として掛かった」といった詐欺です。これは詐欺と言うよりは、営業マンの知識不足ですよね。

とにかく、保険金が下りる前に工事契約を結ぶことは危険です。必ず保険金が下りてから工事契約を結ぶようにしてください。

また、「外壁塗装無料ですよ」と言われてから「火災保険を利用すれば」と言われた場合、その業者は独占禁止法に引っかかる恐れがあります。順番が逆なのですよね…。もし「外壁塗装無料」と言ってきた訪問販売業者に塗装を依頼して、何かしらのトラブルが発生した場合は、独禁法を武器に戦ってみてもいいかもしれませんね。

ここがポイント

  • 悪徳業者は訪問販売業者に多い(当社は健全…)
  • 保険金を受け取ってから工事契約を結ぶこと
  • 保険金は申請した見積もりより減額されることもあるので注意

インターネットの情報には踊らされるな

 今まで聞いたことがない話に関しては、必ずインターネットで調べますよね。火災保険を使った外壁塗装であれば

「外壁塗装 火災保険 詐欺」や「外壁塗装 火災保険 無料」などのワードで検索するでしょう。「外壁塗装無料=詐欺」と疑っている方は「外壁塗装無料=詐欺」という事実を確認するために検索し、そのような記事を見つけると「あぁ、やはり詐欺なんだ、私は騙されないぞ」と安心します。

逆に「外壁塗装 火災保険 安心」と検索した方は「正しい申請を行うと実際に外壁塗装が無料になることもあるんだ、お願いしてみようかな」となります。

どちらも間違ってはいませんが、損をしているのは前者の「外壁塗装無料=詐欺」と疑っている人ですよね。

一つ聞きますが、「外壁塗装無料=詐欺」と書いているブログやホームページは誰が情報を発信しているのでしょうか。ヤフー知恵袋を見ている方は、その回答をしている人は警察官ですか?弁護士ですか?

ブログで「外壁塗装無料=詐欺」と書いているのは塗装会社ですか?保険申請サポート業者ですか?保険会社ですか?

塗装会社が「外壁塗装無料=詐欺」という記事を書いている場合、その内容は「このような詐欺の手口があるので要注意、しかし当社なら安心→“お申し込みはこちら”」というような内容でしょう。

保険申請サポート会社である“雨漏り〇〇”や“〇〇診断サービス”“日本〇〇”などが発信する「外壁塗装無料=詐欺」という情報としては、「リフォーム会社などは違法申請をするので、弊社で火災保険の申請をしましょう→“お申し込みはこちら”」といった内容でしょう。

仮に私が保険会社として「外壁塗装無料=詐欺」という情報を発信するなら、「申請される殆どは詐欺、あなたも共犯者になります」ということを発信して、保険の申請をさせないように情報操作するでしょう。

インターネットの情報は一体何なのでしょうか…。ほとんどは受注に繋げるための情報操作だと考えています。他社がダメな理由を説明して、当社でやることのメリットを伝えて受注する、本当の情報というよりも粗探しをしているようにも思えます。

ですので、インターネットで検索して情報を得ようとする場合は、「いったいこの情報はどのような狙いで発信されているのだろうか」と考えながら見た方がいいです。全ての情報を鵜呑みにすると、発信者の思うつぼになります。

勿論、このブログも集客の為に書いていますが、客観的に火災保険の本質部分を説明しているつもりです。このブログを見て、少しでもヒントとなり、信頼していただけたらいいなと思っています。

ここがポイント

  • インターネット等で情報を得る場合、発信者は誰なのか、どのような狙いがあるのかなどを考えること

まとめ
  1. 外壁塗装無料は「加入している」「台風被害がある」家のみ可能である
  2. 火災保険の保険金を正しく申請すれば、詐欺でも何でもない
  3. 火災保険の保険金を使って台風被害箇所を修理しないといけないという義務はない
  4. 悪徳業者は訪問販売業者に多い(当社は健全…)
  5. 保険金を受け取ってから工事契約を結ぶこと
  6. 保険金は申請した見積もりより減額されることもあるので注意
  7. インターネット等で情報を得る場合、発信者は誰なのか、どのような狙いがあるのかなどを考えること

 大阪で台風被害調査をするなら当社にお任せください。当社は保険金詐欺となる“単なる劣化”は火災保険申請せず、申請は台風被害箇所のみだから、あたなが被害を被ることはありません☆

調査費無料、キャンセルOK、調査のみOKなのでお気軽にお問合せください。

※お問合せ後、すぐに当社から自動返信メールを送ります。メールが来ない方は再度メールアドレスをご確認の上、お問合せし直すか、お電話にてお問合せください。

必須お名前
必須メールアドレス
必須都道府県
必須市町村
必須お問い合わせ内容