「台風被害箇所がないか無料で調査しますよ」

「台風被害箇所があれば無料で修理できますよ」

火災保険を利用した修理工事の訪問販売の話術です。

台風被害があったときに火災保険を利用でき、無料で修繕することができることは、火災保険会社はあなたに教えません。

ですので訪問販売が悪いと言いたいわけではなく、むしろ訪問販売業者によって「火災保険で修理できるなんて知らなかった」と喜ばれる方が多いのです。

「無料で調査してくれるのであれば…」と話を進めていくと、なんだか申請サポート料という言葉が出てきます

この申請サポート料とは何なのか、その相場はいくらなのかについて解説します。

あなたのお悩み
  1. 申請サポート料の相場は?

申請サポート料の相場は成功報酬制で50%!?

 テレビやラジオなどで「過払い金の請求、着手金無料、成功報酬制、今すぐ法律相談事務所〇〇にご連絡を」という話をよく聞きます。

弁護士はお客様に過剰請求していたローン会社を悪とし、ローン会社と戦う仕事ですので、何ら問題はないですよね。そもそも手続きとか面倒だし、わからないし…。

 火災保険の場合はどうでしょうか。リフォーム会社に依頼すれば無料で申請のお手伝いをしてくれます。

しかし、中には火災保険の保険金を下す申請サポートのみを行う業者もいます。このような業者の場合は申請サポート料として40%~50%支払う必要があります。支払うといっても申請サポート料は下りた保険金の40~50%なので出費は0円ですがね。でもなんだか高いような気がしますよね…

これだけの情報では「火災保険申請サポート業者=悪 リフォーム会社=善」と思われるかもしれませんが、全く違います。状況によりけりですが、台風被害箇所が広範囲で大規模な修理が必要な場合は工務店、小規模な修理であれば火災保険申請サポート業者に火災保険の申請サポートをお願いした方がいいのです。

小規模な修理であれば申請サポート料40%を支払ったとしても、リフォーム会社に依頼するよりかは得をします。申請サポート業者の仕事は、司法書士のような過払い金請求や、弁護士のような裁判料、融資サポート業者に近いのです。

融資サポート業者も銀行や公庫からお金を借りやすくするためにノウハウを教えてくれたりしますが、やはり成功報酬制で何割か持っていきます。例えば700万円借りたいのに、サポート業者に依頼しなかったら500万円しか借りれなかったとします。これが融資サポート業者に依頼することで800万円借りることができ、そのうち50万円支払ったとすればあなたの目標は達成されますよね。

火災保険申請サポートも似ていて、申請サポートを依頼することで保険金が下りやすくなったり、“本来支払われるべき保険金”を受け取ることができます。

話を聞くと非常に怪しいと思われますが、過払い金請求や裁判料、融資サポートと似たような業種だと思ってください。

どちらに依頼すれば得をするのか、リフォーム業者が出してきた見積もりでも損をしないのかが気になる方は、是非とも当社に相談ください。当社が客観的に審査いたします☆


 大阪で台風被害調査をするなら当社にお任せください。当社は保険金詐欺となる“単なる劣化”は火災保険申請せず、申請は台風被害箇所のみだから、あたなが被害を被ることはありません☆

調査費無料、キャンセルOK、調査のみOKなのでお気軽にお問合せください。

※お問合せ後、すぐに当社から自動返信メールを送ります。メールが来ない方は再度メールアドレスをご確認の上、お問合せし直すか、お電話にてお問合せください。

必須お名前
必須メールアドレス
必須都道府県
必須市町村
必須お問い合わせ内容