「無料で外壁塗装ができます」

「無料で雨どい補修ができます」

「無料で…」という謳い文句で集客し、修理工事を行う業者もいます。

無料…非常に怪しいですよね。

 単刀直入に言うと無料で修理工事などを行うことはできます。しかし、一歩間違えるとあなたの人生はどん底に落ちる可能性もあります

「無料で外壁塗装ができた☆」と喜んでいる方は、警察の目を向けられないように祈っていてください。

あなたのお悩み
  1. 無料で雨どいや屋根の修理工事なんてできるの?
  2. 無料で●●はどのようなリスクがあるの?

火災保険金詐欺共犯であなたも逮捕

 火災保険を使えば無料で屋根や雨どいなどの修理は可能です。火災保険は火事が起きた時だけ保証する保険ではなく、台風や突風などの災害にも対応しています。

台風の影響で屋根の瓦がズレた、雨どいが破損したとなれば、火災保険を使って無料で直すことができます。これは合法であり、本来の火災保険の使い方なので何ら問題はありません。

 問題があるのは火災保険会社に“ごまかし請求をし、偽りの申請をすること”です。経年劣化であるのに台風被害であると申請し、被災日時も誤魔化す、これは立派な保険金詐欺です。調査会社などから「これは台風の被害であると保険会社に伝えてください」と言われたら、まずは疑ってください。

次に保険会社へ過剰請求し、余剰なお金をてにすること。台風被害の修理工事が実際は50万円であるのに対し、火災保険会社には150万円で請求し、差額の100万円で外壁塗装を行ったり、好きなものを買ったり貯金したり…そういった場合はアウト。と言いたいところですが、これはグレーです。特約が無い限りは補修義務はありませんので、お金の使い道は自由です。

 火災保険を利用して修理した場合、完了検査に来たり完了報告を出したりする必要はありませんので、「私の家はバレないだろう」と考えてしまいがちです。

バレる時は芋づる方式でバレます。あまりにも過剰な見積もりを火災保険会社に出し続けたり、被災日時などを誤魔化して請求すると、あなたもリフォーム会社等も目を付けられます。継続的にリフォーム会社や調査会社が派手なことをしていると、今度はリフォーム会社などが警察に調査されます。

色々と調べられてリフォーム会社や調査会社が摘発されると、顧客名簿から過去に火災保険を使った実績があるあなたも摘発されます。あなたも共犯者として詐欺罪で執行猶予付きの犯罪者、逮捕に至るわけなのです。

ここがポイント

  • 単なる経年劣化でも台風被害として申請するリフォーム会社、調査会社には依頼しないように
  • リフォーム会社などが摘発されたら、次はあなたが逮捕される番

    あなたが逮捕されないために

     上記のように説明すると、「火災保険を使って修理するのが怖い」とあなたは思われるかもしれません。

    しかし、摘発され逮捕されるのは偽りの申請をすることあります。

     対策としてはあなたがしっかりと報告書・見積もりをチェックすることです。見積もりや報告書に台風被害ではない箇所の工事が含まれていないかチェックしてください。漆喰は本当に台風被害なのか?経年劣化ではないのか?外壁の傷は自転車で擦っただけではないのか?台風被害なのか?

     といってもあなたが見積もりや報告書を見て判断できないかと思います。ですので、申請書を保険会社に送る前に第三者にチェックしてもらうと安心です。どのみちリフォーム会社で修理してもらうのであれば、そのリフォーム会社にチェックしてもらうことがベストです。

    ここがポイント

    • 本来通り火災保険会社に申請をすれば大丈夫

    まとめ
    1. 「無料で雨どい補修」「無料で屋根補修」は本当
    2. 劣化を台風被害と報告すれば詐欺
    3. リフォーム会社、調査会社が摘発されると、顧客名簿からあなたが特定され、あなたも逮捕される