ユニットバスを取替える場合、どうせなら浴室を拡げたいという方も多いかと思います。しかし、浴室を拡張するとなると大事になりそうで、大金がかかるというイメージがあります。

ここでは、マンションにおいて、今現状の大きさのユニットバスを取替える場合と、今より大きなユニットバスを入れた場合の金額の差、相場を説明します。

あなたのお悩み
  1. 浴室を拡げると結構なお金がかかるのではないの?
  2. ユニットバスを拡張する場合と拡げない場合の金額の差は、どれくらいが相場?

マンションユニットバス拡張リフォーム工事費用の相場

 あなたのユニットバスのサイズが1216サイズ(1200mm×1600mm)だとします。これを洗面室側に200mm拡げて1416サイズにしようとすると、どのくらいの追加費用がかかるのかを説明していきます。

商品代の差額・相場

 まず、サイズを大きくするとユニットバスの商品代も上がります。メーカーやシリーズ、グレードによって変わりますが、ここではマンションで一般的によく使われているシリーズを例に挙げます。

(中級グレード)1216サイズ:約100万円、1416サイズ:約110万円

であり、差額としては定価で約10万円程度となります。出し値の相場は6割引きですので、あなたの出費としては約4万円となります。同じ商品であればグレードが変わっても大体定価の差は約10万円程度となりますので、どのグレードを選んでも4万円程の追加でユニットバスを大きくできます。

施工費の差額・相場

●解体費用

 ユニットバスを洗面室側に拡げる場合、洗面室の天井と床、壁を一部解体しないといけません。解体費用の追加費用としては0円か数千円程度が相場となります。

●配管費用

 次に配管工事ですが、こちらの作業自体は変わりませんので追加費用は発生しません。配管職人も現場によってパイプのm数や継ぎ手の数を数えて見積もりしているわけではなく、“ユニットバス配管:1式〇〇円”と定額となっています。ですので、継ぎ手が1個増えようが、パイプが1m少なくなろうが関係ありません。

ユニットバス内の施工費は変わりませんが、洗面化粧台を小さなものに新調したり、洗濯機置き場を移設する必要がある場合は追加費用がかかります。配管費用で35,000~45,000円程度、洗面化粧台取付、洗濯パン脱着工事で28,000~38,000円程必要となります。

●電気工事費用 

 次に電気工事は追加費用が発生します。ユニットバス内の電気工事は変わりませんが、洗面室の照明を動かしたり、洗面化粧台または洗濯機のコンセントを動かす必要がある場合があります。洗面室が20cm狭くなると、照明を動かさないと今まで天井の真ん中にあった照明が偏った位置に来てしまいます。これは見た目だけの問題ですので、あなたがそれでもOKであれば問題はありません。

電気工事費用の相場としては、コンセント・照明移設4,000円~5,500円/箇所となります。予算を組むなら1万円程度見ておいたらいいかと思います。

●大工工事費用

 大工工事として追加工事となるのは、「本来ユニットバス周辺の壁補修だけでいいところを、壁1面作らないといけない」「コンセント移設に伴う補修」「床補修工事」です。

これらの作業を追加しても大工さんの作業日数としては変わらないか、半日程余分にかかる程度となります。作業費の追加費用としては20,000円程が相場となります。

追加となる材料もしれています。壁材であれば間柱4,5本程度、石膏(耐水)ボード1~2枚程度の追加となります。壁の補修は余った材料でできますし、床の補修も綺麗に解体すれば束を入れるだけです。そうなると追加となる材料費としては6,000~10,000円程度が相場となります。

施工費と併せても約3万円程の追加ですみます。

●内装工事

 ユニットバスを拡げる場合、最低限ユニットバス側の壁1面のクロス張替とクッションフロアは張り替えないといけません。コンセントや照明移設を含む工事となると全面張替えとなります。

ユニットバス側クロス1面のみの張替えだと15,000円~20,000円、は必要となります。洗面室天井・壁・床全面の張替えとなると45,000~55,000円となりますので、差額としては3~4万円程度が相場となります。

●その他

 その他で追加費用がかかるのは処分費、諸経費です。処分費は数千円、諸経費は総額の金額差の5~10%が追加費用となります。

ユニットバス拡張リフォームの金額差総額

 ユニットバス拡張リフォームの費用の差額をまとめると、19万円~23万円程度となります。給料1か月分を支払ってもお釣りがきますね。マンションは意外とユニットバスを拡張するのが簡単で、職人の手間もほとんど変わりません。一度ユニットバス拡張リフォームを検討してみてはいかがでしょうか。