ブログ一覧


火災保険損害保険金を請求すると家の価値が下がるのか?

台風被害や積雪被害、水漏れなどが発生し、業者から「火災保険が使えますよ」と言われて、火災保険の活用方法を知ったという方が沢山いらっしゃいます。しかし、火災保険の知識が無いがために、「本当に使っていいの?」「貯金しているものが減るのではないの?」などと思われる方も沢山いらっしゃいます。

ここではあなたが疑問に思っている、火災保険損害保険金を請求しても「家の価値は下がらないの?」「貯金しているものが減るのでは?」といった疑問にお答えしていきます。

 

あなたのお悩み
  1. 火災保険損害保険金を請求すると、何かが減りそうな気がする、家の価値が下がりそうな気がする
 

損害保険金は家の価値を下げず何度でも請求できる

単刀直入に言うと、住宅の火災保険では損害保険金を請求したからといって、住宅の価値が下がったり、貯金(保険料を積み立てているような感覚になっている)が減ったりすることはありません。

 

保険証券を見ると、評価額というのが書かれており、800万円や2000万円など、住宅によってバラツキがあります。これは、あくまでも火災などで住宅を失った時に支払われるお金です。評価額が2000万円であれば、全損した場合は2000万円支払われ、そのお金で再度同じような家を購入できるということです(実際はもっと費用がかかりますが…)。

 

この評価額を“貯金額”と勘違いしている方もいらっしゃいます。2000万円の評価額に対し、200万円の損害保険金を請求すると、残り1800万円になってしまう…火事で全焼した時には1800万円しか下りない…などといった勘違いです。これは全くの誤解であり、住宅に損害が出れば何度でも請求することはできます。

 

また、車の保険料と違い、損害保険金を請求した翌年から、あなただけの保険料があがるということはありません。勿論、被害総額が大きい地域の保険料は上がります。あなたが住んでいる〇〇市という単位で上がるのではなく、大阪エリア、関西エリアなど、非常に広範囲を対象に保険料があがります。

つまり、損害保険金を請求していない方は、損害保険金を受け取らないまま保険料だけがどんどん上がっていくということになります。

 

火災保険を使うのは勿体ない!火災保険を使うのは申し訳ない!

 

と思われている方だけが損をしていますので、ダメ元でも住宅の調査をしてもらった方がいいのではないでしょうか。

 

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 安信計画株式会社. All rights Reserved.