ブログ一覧


火災保険損害保険金は地元業者以外は下りない!?

 ありがたいことに、弊社は全国各地から火災保険申請サポートのご依頼をいただきます。昔はよく関東や九州に行っておりましたが、その時に「東京のアパートに台風被害があるか見てほしい」と東京のお客様から問い合わせをいただきました。

 

しかし、弊社が大阪の業者であることに何か引っかかっていたようで、最終的にはお断りされました。

 

このように誤解をされている方が沢山いらっしゃると思いますので、ここでは、近郊の業者に依頼すべきか、遠方の業者に依頼してもいいのか、また、サポート業者に依頼してもいいのかなどを説明していきます。

 

あなたのお悩み
  1. 遠方の火災保険申請サポート業者に依頼すると下りないのでは?
  2. 火災保険申請サポートは地元の業者が安心?
  3. 保険会社から何も言われない?
 

地元以外の業者は火災保険が下りない?

火災保険損害保険金請求に必要な見積り等は地元の工務店・リフォーム会社に作成してもらう必要があると勘違いしている方が沢山いらっしゃいます。また、実際に修理をしてもらう業者でないといけないという勘違いも山ほどあります。

 

建物が被害にあった場合、火災保険損害保険金を請求し、口座に入金されたとしても、修理義務はありません。被害があれば修理をするための見積もりを作成し、その修理に見合う保険金を保険会社が支払う、それだけのことです。

 

たとえ修理見積が大阪の業者であろうが、東京の業者であろうが、必ず保険会社内の査定人や、外部委託している鑑定人による見積りのチェックが行われます。それぞれの地域の単価などをもとに、見積りに妥当性があるのかどうがチェックされ、高すぎる項目については修正されます(減額)。しかし、被害があるにもかかわらず、他地域の業者だからといって下りないということは100%ありません。100%です。

 

保険会社は契約者から損害保険金請求を求められた場合、そして、明らかに被災等している場合、保険会社は保険金を支払う義務があります。被害なのか経年劣化なのか微妙な損傷に関しては、支払いを拒否することは認められていますが、明らかにな被害である場合、拒否することはできません。

 

保険会社は金融庁から厳しく監視されており、数年前に「保険金の未払い等」でほとんどの保険会社が行政処分をくらっていました。それ以降は保険会社の“出し惜しみ”もほとんどなく、どのような業者であっても、見積りや損傷の原因に正当性・妥当性があれば、損害保険金は下ります。

 

ここがポイント

 

  • 火災保険損害保険金請求に必要な見積りは、実際に修理してもら業者のものでなくてもいい
  • 保険金を受け取っても修理の義務はない

火災保険申請サポート業者は地元の業者が安心?

次に心配されるのが、「火災保険申請サポート業者は近郊の業者がいい」ということです。あなたがそれだけで安心できるのであれば、何もいいません。近郊の業者であって、新設で、サポート料も少なく、調査会社もしっかりしている…そのような業者を探すのがベストです。

 

しかし、中には「近くにサポート業者がいるけど、なんだか怪しい…」などという声も聴きます。しかし、他に依頼するとなると東京や大阪、福岡の業者になってしまい、そんな遠距離でサポートしてくれるのか?と心配されている方が沢山いらっしゃいます。

 

近郊の業者に頼もうが、遠方の業者に頼もうが、サポートに違いはほとんどありません。申請方法や手順などは、メールや電話などで行い、わざわざあなたの家に伺って、手取り足取り対面でサポートしてくれる業者なんて皆無です。

 

調査に関しては、地元の協力業者に依頼するサポート業社もいますし、私みたいに自ら足を運ぶ業者もいます。「近郊の業者はもし何かトラブルがあっても、しっかり対応してくれそう」などというイメージもありますが、何度もいいますが、対面で何かするわけではないので、気にすることではないかと思われます。

 

ここがポイント

 

  • 遠方だとうが近郊だろうが、サポートはメール、電話でのやりとり
  • 地元で、まともな調査と申請を行ってくれる業者がいるのがベスト

保険会社から何も言われないの?

保険会社への被害報告時には、ヒアリングで「どこの業者ですか?」「その業者をどのように知りましたか?」と必ず聞かれます。弊社であれば、素直に「インターネットで調べてたら出てきました」などと答えていただいて構いません。ちなみに、「弊社の名前は伏せておいてください」などという業者はやめておいた方がいいです。

 

東京のご自宅で、大阪の業者であった場合、保険会社からすると「大阪?」と思われるかもしれませんが、そこで何か不具合が生じることはありません。保険会社は業者が出した見積りを査定し、保険会社が損害保険金を決定しますので、どこの業者が出そうが、正当性・妥当性さえしっかりと確保しておけば問題はありません。

 

また、保険会社も「保険金請求して修理せずにお金だけ貰いたい」ということを把握していますし、認められています。完全に合法です。ですので、「保険会社にどう思われるのか心配、見え方が悪くなるのかな?」などという心配は一切不要です。保険会社からすれば、あなたは“客の一人”に過ぎませんので、保険会社の顔色をうかがう必要はありません。

 

ここがポイント

 

  • 他地域の業者であっても、保険会社は何もしてこない。
  • 保険会社からすると、あなたは“只の客”としかみていない
  • 保険会社の顔色をうかがう必要はない

 
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 安信計画株式会社. All rights Reserved.